ステップメールというのをご存知でしょうか?

メリットを簡単に言うと、セールスを自動化することです。

 

メルマガには2種類あります。

一つは、同じ内容をメルマガに登録している人に一斉に配信する

もう一つは、メルマガ登録すると、1通目から送られる内容が決まっている

というものです。

 

メルマガは一斉送信とステップ送信とに2種類に分かれます。

 

一斉送信は、登録前に配信された内容は基本的に送られません。

昨日送った内容がどんなに良くても、再送しない限りは見てもらえません。

個別に送ることはできますが、そうなると登録してもらう度に、個別に送らないといけなくなるので、大変です。

そこで、使えるのがステップ送信です。

 

ステップ送信が、先ほど言ったセールスを自動化するためのものですが、

分かりやすく例えるために、実際の店舗を例に出してお話します。

 

例えば、お店で洗濯機を販売しているとしましょう。

お客さんが来店してきました。

商品をいくつか見てそのまま帰るお客さん、

パンフレットをもらって帰るお客さん、

店員さんに質問して帰るお客さん、

購入して帰るお客さん。

と様々なお客さんがいます。

 

一人一人来店してくれたお客さんに接客をして、商品を説明すると一番洗濯機が売れます。

洗濯機の良さだったり、他の商品の比較、金額交渉などすべてできるからです。

優秀なセールスマンがどんどん売り上げをあげてくれます。

 

これをネット上でできるのが、ステップ送信です。

あらかじめ、メールが何通かに渡って送られるようにセットされています。

挨拶に始まり、なぜこの商品が良いのか、他の商品の比較は、なぜこの価格なのか?

など、メルマガに登録してくれた人に順に商品の良さを説明してくれて欲しくさせます。

いつ登録しても、この1通目から配信されるようになります。

登録してくれた一人一人に対して順番にセールスをメールでするというのが、ステップ送信です。

これをステップメールと呼んでいます。

 

他にもステップメールでは、こんな使い方がされています。

例えば、楽天トラベルであれば、

宿泊の予約をした直後に1通、感謝と予約の確認の内容が届きます。

次に予約の1週間前に、申込確認の内容のメールが届きます。

そして、前日に再度確認メール、宿泊後にレビューを促すメール。

というように、予約をすれば自動的に配信されるようになります。

 

資料請求や商品サンプルの場合もこのように使われています。

1通目、到着確認、

2通目、商品の使い方

3通目、お客様の声、

4通目、商品の購入を促す

といった使い方や

購入してくれたお客様へ

到着確認と感謝

商品の使い方

商品を使い切る頃にリピートの案内や

次回の予約や来店の促し

 

他にも未入金者へのフォローとしてこのような使い方もできます。

申し込み後にお礼と振込先の連絡

3日経つ頃には、商品の購入意欲が下がってきます。「やっぱりやめようかな」「振込面倒だなぁ」

ですので、もう一度、商品を注文したことを思い出させたり、商品のすばらしさを伝えます。

5日、7日後ぐらいまでフォローをしてあげると入金率をあげることができます。

 

他にもイーラニング(ネットで学ぶオンライン授業)のフォローにも使えます。

受講や進捗の応援

受講内容のフォロー

よくある質問を回答

最後まで受講してもらい成果を上げ、別の商品を購入してもらう

 

など、自動化して利益をあげるための仕組みがステップメールです。

 

あのマーケティングで有名な神田正典さんが「21日間顧客感動プログラム」というのを提唱しています。

購入後から21日間の間に3回以上接触することで、お店や商品、サービスを忘れさせなくさせて、信頼関係を築けると言っています。

 

折角、興味を持ってホームページにアクセスしてきた人がいるのに、そのまま帰してしまうのは勿体ないです。

何かしらの商品を探しているので、ステップメールへの登録を促せば、自動でセールスをしてくれば、

もし興味があれば、問い合わせや購入をしてくれます。

ネットで物を販売するのであれば、絶対にステップメールはあった方が良いです。

商品やサービスが高額であれば、用意するべきです。

 

このステップメールは、今まではメールで送るのが一般的でしたが、LINEがここまで主流になり、LINEでもステップ送信をすることが求められてきました。

そこで、誕生したのが、LINEでもステップ送信できる「LINEステップ」というツールです。

 

LINEステップを使用すれば、LINE@に友達追加をしてくれた方に、あらかじめ用意したメッセージを順番に送信することができます。

もちろん、1日起きに配信するなどの細かい日時設定も1通ごとに行えます。

他にも顧客管理機能や、セミナー運営などにも使える機能なども豊富です。

LINEステップの詳細は下記ボタンよりご覧ください。

 

 

 

 

LINEをステップ配信できる!「LINEステップ」

LINE@標準の管理画面(LINE MANEGER/ラインマネージャー)では、対応人数が増えたり、複数人のスタッフで対応する場合は管理がしづらく、返信漏れや二重送信などが起きます。また見込み客と、顧客を分けて管理したりすることができません。そこで、LINEの登録者を管理できたり、ステップメールのように自動的にメッセージを配信できる機能を兼ね備えたツール「LINEステップ」を使用すればこれをすべて解決できます。顧客管理、アンケートやフォーム機能などLINE@で売り上げをあげる機能が満載です。詳しくは詳細をご覧ください。

おすすめの記事