LINE公式アカウント(旧LINE@)~抽選機能の活用法~

 

抽選機能についてご説明いたします。

 

この機能によって、イベント性を持たせながらお客様にクーポンを利用していただけます。

普通に割引やクーポンをするよりもお客様に喜んでいただくことが出来ます!

 

■抽選機能の使用例

 

 

 

七輪房さん (職業/焼肉屋)

LINE公式アカウント(旧LINE@)登録時に、黒毛和牛カルビ1人前が当たる抽選機能を用意されています。

ハズれたとしてもソフトドリンクが必ず貰えるので、お客様も気軽に登録してもらいやすいですよね。

 

 

 

 

 

セルバ・セルバテラスさん (職業/ショッピングモール)

LINE公式アカウント(旧LINE@)登録時に、300名に500円分のお買い物券が当たるというオファーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

タオルの達人さん (職業/通販サイト)

LINE公式アカウント(旧LINE@)登録時に、今治タオルが当たるというオファーですね。

 

 

・・・

 

■抽選ページとは?

「抽選ページ」は、ユーザーに対して抽選イベントを送れる機能です。

ゲーム要素が強く、ユーザーに楽しんで抽選に参加してもらえます。

 

 

あらかじめ作成したクーポンを、抽選で当選したユーザーに付与することができます。

当選確率や当選枚数は自由に設定でき、抽選結果はその場でわかる仕組みになっています。

なので、お客様にその場で抽選していただいて、サービスをすぐに提供することができます。

 

 

 

■抽選ページの作り方

まず、左のメニューバーの「クーポン・イベント作成」をクリックします。
その中の「抽選ページ」をクリックします。

 LINE公式アカウントでは左メニューバー>クーポンより作成します。

【クーポンの設定項目】

・クーポン名

例:「黒毛和牛カルビ1人前が当たる!お友達登録ありがとう抽選」

など、何がお得なのかというメリットを書いてあげるとわかりやすいです。

 

・写真

メイン画像になります。

何のクーポンなのか視覚でアプローチすることが出来ます。

目で見てわかりやすい画像を設定しましょう。

 

・有効期間

クーポンの有効期間を選択します。

 

・利用ガイド

例文がすでに挿入されていますが、クーポンの説明を

500文字以内で自由に入力できます。

【ここからが抽選に関する設定です!】

・抽選を使用する を選択します

・当選確率

当たりを出す確率を事前に決めることが出来ます。

1~99%まで設定できます。高確率でお客様を喜ばせるために設定して利用することもできます。

 

・当選数上限

当る数を事前に決めることが出来ます。

上限なしを選択すると、どれだけ抽選しつづけても一定の確率で当たり続けることになるので、

「当選者に配布するプレゼントの数が決まっている」のであれば、辞めておきましょう。

なのでこの場合は、上限数を指定にしておく方がよいです。

 

・公開範囲

クーポンをタイムラインでシェア出来るようにするか、しないかの設定です。

シェア出来るようにしておくと、

お店の存在を多くの方に知っていただけるというメリットがあります。

 

・使用回数

クーポンの使用回数を一回限り、制限なしのどちらかを選択できます。

 

・クーポンコード

コードを入力しないとクーポンが使えないようにすることが出来ます。

コードを入力しないといけなくなると、

煩わしいと感じてしまうお客様が多いと思うので、臨機応変に使用してください。

 

・クーポンタイプ

クーポンタイプは4種類あります。

 割り引き ⇒価格を割引する際に使用します

 無料 ⇒無料で提供する場合に設定します

 プレゼント ⇒FREEと同様、無料で提供する場合に設定します。

 キャッシュバック ⇒価格を返金する場合に使用します

 

 

LINE@クーポンの作り方についてはこちらの記事もご参照ください。

 

 

 

記入できたら、「保存」を押します。

 

LINE@公式ブログでは、クーポンの様々な活用事例が紹介されています。

LINE公式アカウントと操作の違うところなどもありますが、アイデアとして

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

 

LINEをステップ配信できる!「LINEステップ」

LINE@標準の管理画面(LINE MANEGER/ラインマネージャー)では、対応人数が増えたり、複数人のスタッフで対応する場合は管理がしづらく、返信漏れや二重送信などが起きます。また見込み客と、顧客を分けて管理したりすることができません。そこで、LINEの登録者を管理できたり、ステップメールのように自動的にメッセージを配信できる機能を兼ね備えたツール「LINEステップ」を使用すればこれをすべて解決できます。顧客管理、アンケートやフォーム機能などLINE@で売り上げをあげる機能が満載です。詳しくは詳細をご覧ください。

おすすめの記事