LINE公式アカウント(旧:LINE@) ~ショップカードって何?どうやって使うの?作るの?~

ショップカード機能についてご説明いたします。

 

ショップカードは、LINE公式アカウント(旧:LINE@)アプリにてLINE公式アカウント(旧:LINE@)専用のポイントカードを作成できる機能です。

 

来店時などにLINE上でポイントカードの配布や、QRコードでのポイントの付与、ポイントが貯まった際の特典チケットを作成&配信することが可能です。

 

 

■ショップカードのメリット

利用データを分析して、集客や販促に活かせる

ユーザーがショップカードを利用するには、友だち追加が必要。そのため、その後の販促に活かしやすい。

 

 

■ショップカード機能の使用例

 

 

 

 

 

 

ウムウムグッドブリトーズさん (職業/飲食店)

来店時にポイントを貯められるように利用されていて、ポイントが一定数溜まるとプレゼントや割引をプレゼントしてもらえるようになっています。

 

 

miles by THE'RA (職業/美容室)

来店時に1ポイント付与のポイントカードとして利用されています。

 

 

■ショップカード機能の作成方法

ここからは、PC画面でのショップカード作成を解説していきます。

 

まずは、LINE公式アカウントにログインしましょう。そして、左側のメニューから「ショップカードを選択します。

 

ショップカードを選択すると、設定画面が開きます。設定すべき項目は上から順に全部で8つです。

①デザイン
カードのデザインを、あらかじめ用意されている10種類から選びます。

 

②ゴールまでのポイント
特典を受け取るための必要なポイント数を設定します。1~50ポイントまで設定できます。

 

③ゴール特典/ポイント特典
ゴールに設定したポイントに到達した後に、ユーザーに付与するクーポンなどの特典設定をします。

特典チケットは、デザイン、特典チケット名、利用ガイド、特典チケット有効期限を設定します。また、特典イメージに画像などをアップロードすると、プレビュー画面にも表示されます。

 

また、ゴール特典の下には「ポイント特典」の設定欄があります。ポイント特典は、ゴールに設定したポイントに到達する前のポイント獲得数に応じて特典付与ができます。その際の特典チケットの作り方は、先と同様です。

 

④カード有効期限
カードの有効期限を設定します。有効期限の設定は、カードの最終利用日、初回利用日を起点に任意の期間を決めることが可能です。期限なしに設定することもできます。

 

⑤有効期限の通知
カード有効期限で設定した期日が迫ると、ユーザーにプッシュ通知するタイミングを設定します。有効期限の前日、3日前、1週間前、2週間前、3週間前、1カ月前から選べます。「通知しない」の選択も可能です。

 

⑥カード取得ボーナス
ユーザーがショップカードを利用開始した直後に、付与するボーナスポイントを設定します。50ポイントまで付与が可能です。

 

⑦ポイント取得制限
ショップカードを利用した不正なポイント取得を防止する設定です。

ポイント取得制限をしないことも可能ですが、QRコードでユーザーが自由な読み取りをできるようにしている場合は、制限したほうがいいでしょう。

 

さらに細かくポイント取得制限をしたいなら、ポイント付与用のQRコードを設定する画面で読み込みへの制限をかけてください。(読み取り有効期間、位置情報により指定した場所の300メートル以上離れた場所での読み取り不可など、設定が可能です。)

 

⑧利用ガイド
ショップカードとして、ユーザーに表示される案内文や注意文を作成します。初期設定はテンプレートがありますが、独自の内容に変更可能です。

 

●ランクアップカード設定
ゴールに到達した後に、別のカードに切り替わる機能の作成です。上記の流れと同様にデザインやゴールまでのポイント、ゴール特典、ポイント特典の設定ができます。

 

ランクアップカードまでの設定を終えると、「印刷用ポイント付与QRコード設定」が選択可能となります。

前述したQRコードの読み取り制限は、この画面で行います。

 

・リッチメニューへの表示
ショップカードはリッチメニューに表示させることも可能です。

リッチメニューの作成画面、「コンテンツ設定」からショップカードを選択すると、公開中のものが選択できるようになります。

 

・ショップカードの公開を停止
公開したショップカードの公開停止をするには、公開中のショップカード画面で「カードの公開を停止」を選択します。
なお、一度公開停止をしたら復活はできませんので、ご注意ください
また、公開停止の翌日まで新たなショップカードの作成もできません

 

さらにLINE公式アカウント(旧:LINE@)を使ってビジネスの売上をあげたい、ファンを増やしたいという方はこちらのページもご覧になってください!

 

 

おすすめの記事