LINE公式アカウント対応ASP「LIGET:リゲット」アフィリエイトセンターとは?

一般的に、LINEのお友だちの数を増やす方法は、

■ブログのトップページや記事内
■YouTubeの概要欄
■TwitterやInstagramなどのSNS
■メルマガや購入完了メール
■チラシ

などにお友だち追加リンク(QRコード)を記載する、という方法が挙げられます。

 

これらは自分から発信する方法ですが、紹介してもらうことでさらにお友達の数を増やすことが出来ますよね。

 

紹介という方法で代表的な仕組みが「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイトとは?
成果報酬型広告のこと。

紹介者(アフィリエイター)が自身のSNSやブログ等で、広告主の商品等を紹介し、訪問者がその広告から商品を購入すると、アフィリエイターは成果報酬を受け取れる。

アフィリエイトの良いところは、商品の紹介やお友だち登録の誘導だけでなく、広告をより効果的に運用する方法としてとても有効という点です。

 

CMやチラシなどの広告は、成約がなくても掲載料などの広告費が発生しますが、アフィリエイトの場合は成約があった時に費用が発生する仕組みなので、費用対効果がとても高いのが特徴です。

 

また、報酬額や条件などをアフィリエイターごとに設定できるというメリットもあります。その広告主とアフィリエイターを繋げる仲介役を「ASP(アフィリエイトセンター)」といいます。

 

基本的には、広告主はアフィリエイターに登録し、バナー(広告素材)を提供して紹介してもらう事が多いですが、LINEに対応したアフィリエイトセンターも存在するのをご存知でしょうか?

 

ここでは、LINEに対応したアフィリエイトセンター「LIGET(リゲット)」について詳しく紹介します。

ASP(アフィリエイトセンター)とは?

「そもそもASP(アフィリエイトセンター)って何?」という方もおられるかもしれませんので、ここで説明しますね。

 

先ほども言いましたが、アフィリエイトセンターとは、商品を紹介してもらいたい広告主と、その商品を紹介したい人(アフィリエイター)を繋げる仲介業者のことです。

 

広告主はアフィリエイトセンターに商品リンクを登録すると、アフィリエイターは紹介したいものを選び、ブログやメールマガジン等で紹介してくれます。

 

そして、広告クリック・資料請求・購入などの成果が出たときに、広告主はアフィリエイターに成果報酬を、アフィリエイターに手数料として売上の一部(数%)を支払うという仕組みです。

LINE専用のアフィリエイトセンター「LIGET」とは?


これまではメール登録(メールオプトといいます)でのアフィリエイトセンターが多かったですが、今取り入れるならLINEが最適です。

 

なぜなら、マーケティングがメールからLINE中心にシフトしているからです。

 

そんなLINE専用のアフィリエイトセンターが「LIGET」になります。

 

「LIGET」では、
【1】LINEでの無料オプトインに対応
【2】流入先の計測
【3】不正アフィリエイターを自動排除
【4】アフィリエイターのランク分け
【5】管理が楽になる多機能システム
【6】広告文ページの生成で時短&効率アップ
【7】未経験者でも簡単にアフィリエイト可能

など、作業効率や売上アップに繋がるシステムを利用することが出来ます。

LINEでの無料オプトインに対応

LIGETはLINE公式アカウントと連携させることで、アフィリエイターに集客協力を依頼することができるようになり、友だち数の増加を効率的に行えます。

もちろん、

・誰から(どのアフィリエイターから)
・どの経路で(どのLP経由で)

友達追加があったかも計測することができます。

流入元の計測

アフィリエイターやLP、SNSなど、見込み客がどの媒体を経由して登録したのかを調べることができます。

 

流入元を分析することで、あまり使われていない流入元を調整したり、SNSの書き方やLPのデザインなどを修正したりと、利益を拡大するための工夫が可能になります

不正アフィリエイターを自動排除

不正な紹介がないかどうかを自動でチェックし、見つけ次第排除(非承認)します。
※手動で承認・非承認を設定することも可能です。

 

例1:お友だち登録から24時間以内にブロックされた場合、自動で非承認に
(※ブロック後に再度登録しても計測されません。)

 

例2:同じID、同じIPアドレスでのお友だち登録を自動で非承認に

 

これによって広告費を大幅に削減することができます。

アフィリエイターのランク分け

アフィリエイターのランク分けが可能なので、以下のような細かい設定が可能です。

 

例1:売上に大きく貢献してくれたアフィリエイターに高条件や高い紹介料を設定する

 

例2:不正なアフィリエイターは依頼を控えたり非承認にする

 

また、一般・VIP・SVIP以外のクラスも自由に追加でき、アフィリエイターをランキングで表示することもできます。

管理が楽になる多機能システム

報酬の設定や計算、メールの一斉送信、広告文ページの育成など、管理が楽になるシステムによって作業の時短や効率化に繋がります。

 

■〇月〇日〇時~〇日〇時など、報酬単価の細かな期間設定
■他のASPからアフィリエイターの一括登録可能(CSV)
■アフィリエイターに一括でメール送信(ランクごとも可能)
■アフィリエイターごとの成績確認&パスワード変更
■アフィリエイターごとの報酬を自動計算・集計

広告文ページの生成で時短&効率アップ

未経験者でも簡単にアフィリエイト可能

アフィリエイト初心者の方でも分かりやすく簡単に始められるシステムを搭載しています。

 

■レスポンシブなユーザー画面でスマホでも見やすく操作が簡単
■LINE、メール、Facebook、Twitterアプリと連携可能
■紹介したいLPは個別もしくはランダムを選択可能
■広告文を自動で差し込みできる
■案件ごとのアクセス数・成約数・報酬額を確認できる
■月ごとの成約数・報酬額を確認できる

さらに!メール×LINEの組み合わせも可能

LINE公式アカウントに直接友だち追加するだけではなく、メールアドレスを取得してからLINEに登録させることもできます。

 

メール→LINEのオプトインも可能です。メール登録した後に表示されるページで、LINE登録までしてもらうように設定することで、ある登録者について

・メールアドレス
・LINE名

の両方を取得することができます。

 

これによって、誤ってLINE公式アカウントが削除されてしまった場合などに備えた、リストの保全が可能です。

LIGET×Lステップで こんな事も出来る!

LIGETとLステップを連携させることで、よりLINEでのプロモーション強化が期待できます。

【1】隠れ不正アフィリエイターを見つけられる
【2】専用シナリオの配信
【3】費用対効果を最大限に得られる

隠れ不正アフィリエイターを見つけられる

LIGETでは”どの媒体を経由して登録したのか”を調べることができますが、Lステップを組み合わせることで友だち登録後にどのような行動を取っているかを可視化することができます。

 

あるアフィリエイターからの友だち登録は多くても、実はその友だちはその後のアクション(動画を見ていない・資料請求がない・購入していない人など)がないという人もいます。

 

いくら友だちの登録数が多くても、そのリストが売上に貢献していなければ、存在しないのと同じです。

 

LIGETとLステップを組み合わせれば、クロス分析によってそのような人ばかり集めている隠れ不正アフィリエイターを見つけて非承認にすることで、余計な報酬を支払わずに済みます。

 

逆に商品購入者が多い、バックエンド購入率が高いなど売上に直結しているアフィリエイターを特定できれば、真の優良アフィリエイターを見つけることもできます

 

似たターゲット向けの商品を提供するときは、こうした有料アフィリエイターに協力をお願いするといいですね。

専用シナリオの配信


Lステップのシナリオ配信と連携させることで、アフィリエイターごとの専用シナリオを自動で振り分けて配信すりことができます。

 

例えばアフィリエイターとして

・Google広告_LP1(男性向け)
・Google広告_LP2(女性向け)

と広告のLPごとにアフィリエイター登録しておけば、

・男性専用シナリオ
・女性専用シナリオ

のようにLPの訴求に合わせた専用シナリオを登録直後から配信することができます。

 

LPの訴求とシナリオが一致していることで友だちのブロック率低下、商品の購入率UP、LTVの増加などマーケティングの効果を高めることができます。

費用対効果を最大限に得られる

広告のLPや、twitterやYoutubeなどの集客媒体ごとにアフィリエイター登録をして、さらにLステップのクロス分析を使うと、広告などの費用対効果を最大限にすることができます。

 

[1]でも触れていますが、LIGETとLステップを組み合わせると、友だち登録したアフィリエイターごとの友だちの行動履歴を分析できるので、

・どの広告の
・どのLPからきた友だちが
・最終的な商品購入にどれだけつながった

がわかります。

 

これがわかると、商品購入率の低い広告のLPは費用を抑え、逆に商品購入率の高いLPにはより予算を追加するなど、本当に売上に直結する広告を見極めて資金を投入できます。

 

また、Lステップの途中でアンケートなどを取って、購入者の

・性別
・年代
・職業
・収入(年収など)
・興味関心(趣味など)

といった情報が取れていれば、広告のターゲット設定時に利用することで広告の精度を高めることもできます。

 

広告を使ってLINEのマーケティングをするなら、LIGETとLステップを組み合わせない手はありません。

Lステップと連携し、費用対効果を最大化させよう!

リゲットとLステップを組み合わせることで、以下の2つが期待できます。

■隠れ不正アフィリエイター、効果のない広告への費用カット
■有料アフィリエイター、売上に直結する広告の発見による費用対効果の最大化

 

今、LINEでマーケティングをしている、すでにLステップを使っている、という方はLIGETの活用をぜひ検討してみて下さい。

 

LIGETの詳細はこちら:LIGET(リゲット) 無料オプト LINE専用アフィリエイトセンター

 

まだLステップを利用していない方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

おすすめの記事