Lステップ3つの料金プランとは?|LINE公式アカウントとの合算料金も解説

Lステップを検討している人は、どんな料金プランがあるのか気になりますよね。

料金プランの種類が知りたい

プランによって何が変わるの?

LINE公式アカウントの料金は必要なの?

この記事では、こういったお悩みに答えていきます。

 

結論からいうと、Lステップには3つの基本プラン4つの大量送信プランがあり、別途LINE公式アカウント(旧:LINE@)の費用がかかります。

 

そこで今回はLステップの料金プラン、そして LINE公式アカウントの料金と合算するといくらになるのかを解説します。

Lステップの料金プラン

Lステップには3つの基本プランがあります。

 

また、Lステップは初期費用がありませんので、気軽に始められるところも嬉しいですね。

*3  スタートプランでもリッチ画像の受け取りは可能ですが、Lステップでリッチメニューを利用するにはスタンダードプラン以上のご契約が必要です。

※45,001通以上の大量送信をご希望の方は、下記に記載している「大量送信プラン」をご覧ください。

 

プランによって配信数と機能が分かれているため、友だちの数や用途に応じてプランを選択しましょう。

 

※アクション管理のスケジュール機能とは、毎週水曜日だけ友だち全員にテンプレートを配信するなど、定期的に行うアクションを管理することができる機能です。

スタートプラン

最も安いのがスタートプランです。

 

配信数は1,000通までですが、シナリオ配信やリマインダ配信、回答フォームなど、Lステップの基本的な機能が使えます。

 

月額2,980円とリーズナブルなので、とりあえず始めてみたい人や、友だちの数があまり多くない人におすすめです。

スタンダードプラン

スタートプランに、機能と配信数を追加したのがスタンダードプランです。

 

配信数は15,000通まで配信ができ、リッチメニューなど4つの機能が追加されています。

 

細かい計測がしたい人や、Lステップのリッチメニューを使って、タブの切り替えや友だち毎に出し分けしたい人におすすめです。

プロプラン

プロプランは、Lステップすべての機能を使えるプランです。

 

配信数は45,000通まで可能で、クロス分析や流入経路分析、スタッフ権限設定が追加されています。

 

流入経路分析は、LINEの友達がどこから登録したか(Twitter、広告、LPなど)測定できる機能です。流入経路が分かれば、流入元の強化、シナリオの変更、広告費の削減など、費用対効果を高めることができます。

 

スタッフ権限設定は、アカウントにログインできるスタッフを追加できる機能です。機能を制限して設定できるため、担当が操作できる機能を細かく設定したい人におすすめです。

 

またプロプランは、スタンダードプランと11,000円しか変わりません。そのため、最もコストパフォーマンスに優れたプランといえます。

配信数が多い方には「大量送信プラン」もご用意

配信数や友だちが多い方向けに「大量送信プラン」もご用意しています。

すべての機能が使うことができ、配信数に応じてプランを選べます。

 

大規模なプロジェクトや、配信数が多いお客様におすすめのプランです。

LINE公式アカウントの料金も必要

LINE公式アカウントの料金プラン(税込)

フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額固定費 無料 5,500円 16,500円
無料メッセージ通数 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金 不可 5円 ~3円

※LINE社公式HPでは税抜表示ですが、Lステップが税込表示のため税込に統一しております。

 

Lステップをご利用の際は、別途LINE公式アカウント(旧:LINE@)の費用がかかります。

 

Lステップは、 LINE公式アカウントの機能を拡張したツールです。LINE公式アカウントと紐付けて使うものなので、Lステップ単体でのご利用はできません。

 

そのため、LINE公式アカウントとLステップ、両方を契約する必要があります。

LINE公式アカウントの料金と合算したらいくらになる?


それでは、Lステップを導入すると月額いくらになるのか?

 

月間の配信数をベースに、LINE公式アカウントとの合算料金をまとめてみました。

 

月間配信数〜1,000通

LINE公式アカウント フリープラン 0円
Lステップ スタートプラン 2,980円
合計 2,980円

 

月間配信数〜15,000通

LINE公式アカウント ライトプラン 5,500円
Lステップ スタンダードプラン 21,780円
合計 27,280円

 

月間配信数〜45,000通

LINE公式アカウント スタンダードプラン 16,500円
Lステップ プロプラン 32,780円
合計 49,280円

Lステップの料金プランは、LINE公式アカウントの配信数に合わせて設定されています。

 

そのため、料金プランの選び方もシンプルでわかりやすいのが特徴です。

ターゲットを絞った配信でコストを抑えることも可能

LINE公式アカウントとの合算料金を解説してきましたが、実はLステップを導入すると配信コストを抑えられる可能性があります。

 

LステップはLINE公式アカウントより、さらに細かいリスト分けと絞り込み配信ができます。LINE公式アカウントでは、性別や年代、居住地(都道府県まで)のみなし属性までです。

 

一方、Lステップは「Twitterから登録した男性」「指定のURLをクリックした人のみ」といったように、友だちを細かくセグメントを分けることができます。

 

そして、Lステップのセグメント配信を活用すると、興味を持ってくれている友だちのみに配信できます。

 

例えば、どんな商品に興味を持ってるか分からない状態で一斉配信するよりも、Lステップを活用して「A商品を購入し、B商品にも興味あり」という細かいセグメント配信でB商品のお勧めをすると、購入率もアップします。

 

その結果、無駄な配信が削減できて、ターゲットを絞ったセグメント配信が可能となります。配信コストを抑えて運用したい人は、Lステップのセグメント配信を活用してみてください。

Lステップを契約する時の注意点

Lステップを契約する時は自分に合ったプランでお申し込みしたいですよね。
そこで、プランを選ぶ時や契約する時の注意点をまとめてみました。

アップグレードとダウングレードについて

Lステップでは、プラン変更する際にいくつか注意点があります。

 

アップグレード

プランのアップグレードには制限はありません。スタートプランからプロプラン、スタンダードプランから大容量プランといったことも可能です。

 

ただしメッセージ送信には、LステップとLINE公式アカウント両方の通数を消費します。そのため、プランを選択する際は両方の通数を合わせて選択してください。

 

例えば、LINE公式アカウントに通数が残っていても、Lステップの通数が上限に達している場合はLステップから配信することができません。配信数を増やす場合は、両方のプラン変更が必要となりますので注意してください。

 

またLINE公式アカウントのプラン変更をする際、LINE公式アカウントのプラン変更は翌月、月初の適用となっています。

 

LINE公式アカウントの通数をすぐに増やしたい場合は、追加メッセージを購入する必要があります。

ダウングレード

プランのダウングレードには制限があります。

 

スタートプランからプロプランの間は、使用可能な機能が異なるためダウングレードができません。

 

ダウングレードは、プロプラン〜大量送信プランの間のみ可能です。

メッセージの課金対象について

Lステップから配信するメッセージは、リプライメッセージプッシュメッセージの2種類に分けられます。

  • リプライメッセージ:非従量課金対象(配信数にカウントされない)
  • プッシュメッセージ…課金対象(配信数にカウント)

 

リプライメッセージとは、友だちのアクション(友だち追加時、自動応答、カルーセルを押した時など)の後、Lステップから友だちに対して数秒以内に送られるメッセージです。

※テンプレート等を複数送信するように設定していた場合、初めに送られた1通目のメッセージはリプライメッセージ(非従量課金対象)、その後に送られたメッセージは全てプッシュメッセージ(課金対象)となります。

 

プッシュメッセージとは、リプライメッセージ以外すべてのメッセージを指します。個別トークやシナリオ配信、リマインダ配信、一斉配信などが対象です。

この2つを理解して、メッセージ配信を行いましょう。

通数のカウントの違い

LINE公式アカウントとLステップ、それぞれメッセージ通数のカウントが異なります。

 

LINE公式アカウントのメッセージ通数は、「3吹き出しまでを1回」としてカウントされます。一方、Lステップは「5吹き出しまでを1回」とカウントします。

 

カウント数の基準に違いはありますが、基本的にLステップからの配信になるので、Lステップの配信数とLINE公式アカウントの配信は同時に減ります。

 

Lステップは「5吹き出しまでを1配信」なので、より文字数を多く配信できるのがメリットです。

 

※通信状況によっては稀に配信タイミングがずれ、5吹き出しでも2通カウントになる場合があります。

どのプランがおすすめ?


Lステップのプラン選びで迷っている人も多いかと思います。

 

結論からお話しすると、全ての機能が使える「プロプラン」がおすすめです。

 

配信数が1,000通までで十分ならスタートプランでも問題ありませんが、それ以外の人はプロプランを強くおすすめします。

 

プロプランは、スタンダードプランと比べて

  • 配信数が3倍で通数に余裕を持って友だちにアプローチできる
  • 流入経路分析を利用し、流入元の強化して登録者の増加が見込める
  • クロス分析でより無駄な配信を抑えて費用対効果を高められる

などたくさんのメリットがあります。

 

特に流入経路分析で、何に興味を持って友だち登録してくれたか分かるのは、今後の配信内容に大きく関わります。

 

また、友だち登録が多い流入元が分かれば、その経路を強化してさらに登録数の増加が見込めるでしょう。

 

すべての機能が利用できるプロプランは人気で、より高いコストパフォーマンスを実現できます。

今なら30日間無料で試せる

今回は、LステップとLINE公式アカウントの料金プランについて解説してきました。

 

Lステップを活用すれば、LINE公式アカウントの配信コストを削減し、よりターゲットを絞った効果の高い配信を見込めます。

 

Lステップの資料請求を希望される方は、下記の「Lステップについて詳しく知りたい方はこちら」の一番下から資料請求してみてください。

 

資料請求送信後、自動返信されたメール内から資料が取得できます。
また、今Lステップに申し込むと、3つの特典があります。

  • Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
  • リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
  • 全プラン30日間無料

ぜひLステップを活用して、自社のビジネスを加速させてくださいね。

 

おすすめの記事