SNS運用代行とは?仕事内容やメリット、副業で稼ぐ方法を解説

副業やフリーランスとしてSNS運用代行を考えている人もいるでしょう。

SNS運用代行サービスを始めたい
やり方や始め方を教えてほしい
仕事内容を知りたい

このような疑問を抱えていませんか?

 

この記事ではSNS運用代行の仕事内容や費用相場、始め方を解説します。

 SNS運用代行とは?

SNS運用代行の仕事内容や費用相場
SNS運用代行とは、TwitterやInstagram、LINE公式アカウントなど、SNSの投稿や分析を代行するサービスです。

 

仕事内容としては、

  • 投稿
  • 分析
  • コメント返信
  • 企画の作成

    などがあります。

     

    企業や個人からの依頼を受け、各種SNSを運用していくのが仕事です。

     

    最近はSNSマーケティングが盛んになり、運用代行の仕事も増えています。そのため、副業を始めたい人には、おすすめの働き方といえるでしょう。

     代行サービスを始めるメリット

    SNS運用の代行サービスを始めるメリットは以下の通りです。

    • 在宅ワークができる
    • 未経験からでも始めやすい
    • 需要がある

    それぞれ解説していきます。

     在宅ワークができる

    在宅ワークをしている男性
    SNS運用代行の仕事の多くはリモートで行えます。案件によっては撮影や打ち合わせなどで現地へ行く必要もありますが、ほとんどは在宅ワークで行えるものばかりです。

     

    投稿や分析はパソコンやスマホで完結できるため、自宅で働きたい人におすすめ。やり取りもチャットツールやビデオ通話で行うことができ、誰でも気軽に始められます。

     未経験からでも始めやすい

    SNS運用代行は、未経験からでも始めやすいのがメリットです。

     

    最初から有名企業やインフルエンサーのアカウント運用は難しいですが、

    • とりあえず投稿してもらいたい
    • 文章を考えてほしい
    • 人手が足りないから手伝ってほしい


    などの悩みを抱えたクライアントさんは多くいます。

     

    よって、初心者や未経験者でも応募できる案件はたくさんあります。もちろんスキルアップしていくのが前提ですが、参入障壁は低いため、気軽に始めやすいのが特徴です。

     需要がある

    現在日本では、老若男女問わず多くの人がSNSを活用しています。

     

    例えば、LINEは月間9,200万人(2022年3月末時点)が利用するSNSに成長しています。

    参照:LINE for Business

     

    日本人の多くがLINEを使用しており、日常生活に欠かせないツールです。そのため、LINE公式アカウントを作成して、集客や宣伝をする企業や店舗も増えてきました。それに伴って、LINE公式アカウントの運用代行の需要も高まっているのです。

     SNS運用代行の費用相場

    SNS運用代行の相場は、SNSの種類やサポートの内容で変動します。

     

    これからSNS運用代行を始める人は、クラウドソーシングなどで料金相場をチェックしてみましょう。

    • 同業者のプロフィールから料金を調べる
    • 依頼している人の予算をチェック

       

      また実績を積むために、単価の低い依頼を受けるのもおすすめです。もちろん低単価すぎる案件は考えものですが、しっかりとした実績になるものであれば、受ける価値はあります。SNS運用の実績があれば、高単価案件も獲得しやすくなるでしょう。

       SNS運用代行を始めるには?

      SNS運用代行の始め方を解説します。

       SNSの知識を身につける

      まずはSNSの知識を身につけましょう。全てのSNSではなく、参入したいSNSや得意分野を決めて勉強すると効率的です。

       

      例えば、LINE公式アカウントの運用代行をするなら、LINE公式アカウント初心者向けガイドで基礎知識を身につけてから、代行サービスを始めるといいでしょう。

       実績を積む

      実績を積む
      SNSの知識を身につけたら、案件をこなして実績を積みます。どんな仕事にも共通しますが、実績がなければ高単価の案件を受注できません。

       

      まずは小さい案件や単価の低い案件などを受注し、経験値を積んでいきましょう。実際にSNSを運用すれば、スキルが身に付いてきます。

       

      おすすめはSNS運用代行を行っている企業から、下請けで仕事をもらう方法です。実績やノウハウがあるので、さまざまな知識や技術を学ぶことができます。

       高単価案件を探す

      スキルや実績を元に、高単価案件を探します。クラウドソーシングだけでなく、直接インフルエンサーや企業に営業するのもおすすめです。SNSを伸ばした実績があれば、クライアントも安心して仕事を依頼できます。

       運用代行におすすめのSNS

      運用代行におすすめのSNS

      SNS運用代行におすすめのSNSサービスを紹介します。

       Twitter

      Twitterは20〜30代の若年層を中心に利用されているSNSです。インフルエンサーの多くはTwitterでの発信を行っているため、代行サービスの需要も高い傾向にあります。

       

      Twitter運用代行の仕事内容は以下の通りです。

      Twitter運用代行の仕事内容
      • アカウント開設
      • 投稿内容の作成
      • コメント対応
      • 炎上対策
      • データ分析

      仕事は「投稿内容の作成のみ」など、クライアントに合わせて対応していきます。まずは自分のTwitterアカウントを開設して、実績を積んでおくといいでしょう。

       Instagram

      Instagramは写真や動画の投稿をメインとしたSNSです。商品やサービスの紹介に適しており、多くの企業が参入しています。

       

      Instagram運用代行の仕事内容は以下の通りです。

      Instagram運用代行の仕事内容
      • アカウント開設
      • 投稿内容の作成
      • 画像加工
      • いいね、コメントまわり
      • データ分析

      Instagramは、写真や動画の加工ができると案件が取りやすくなります。そのため加工アプリなどの使用方法を学び、自分のInstagramアカウントでアウトプットしておくといいでしょう。

       LINE

      LINEはチャットツールを主軸としたSNSです。月間9,200万人(2022年3月末時点)が利用するSNSに成長し、多くの人が活用しています。

      参照:LINE for Business

       

      現在は企業や店舗がLINEのビジネスアカウント「LINE公式アカウント」を開設し、集客や宣伝を行っています。SNSの中で最も利用者が多いため、LINE公式アカウントの運用代行の需要が高まってきました。

       

      LINE公式アカウント運用代行の仕事内容は以下の通りです。

      LINE公式アカウント運用代行の仕事内容
      • アカウント開設・構築
      • コンテンツ作成(メッセージやリッチメニューなど)
      • チャット対応
      • データ分析

      LINE公式アカウントの運用は、商品やサービスの売上に直結する場面が多いです。そのためコピーライティングやマーケティングの知識もあると、活躍の幅も広がります。

       

       LINEを仕事にするならLステップ構築も覚えておこう

       LINEを仕事にするならLステップ
      LINE公式アカウントの運用代行を始めるなら、Lステップの知識も必要です。

       

      Lステップとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したツールで、

      • 自動で配信できるシナリオ、リマインダ配信
      • 特定のグループが作成できるタグ機能
      • 細かい条件分けで配信できるセグメント配信

        などLINE公式アカウントにはない機能を備えています。

         

        よりマーケティングに特化した使い方ができるため、LINE公式アカウント運用代行を始める人は、Lステップについても学んでおくのがおすすめです。

         

        またLINE公式アカウント運用代行をしている人の多くは、Lステップを学んで「Lステップ構築代行」としても活躍しています。

         

        LINE公式アカウント運用代行を始めたい方は、ぜひLステップについても学んでみてください。

         

         まとめ

        今回はSNS運用代行の仕事について解説してきました。

         

        代行サービスは、副業を始めたい人やフリーランスになりたい人におすすめです。

         

        ぜひ自分の参入したいSNSを決めて、学習を始めてみてください。