Lステップの将来性は?LINEの需要と今後を考察

Lステップの利用者や構築代行をしている方は、Lステップに将来性はあるのか、気になっていると思います。

 

両頬に手を当てた顔
  • Lステップって流行りものじゃないの?
  • ずっと残り続けるか不安
  • 将来性を教えてほしい

 

このような不安を持った人もいるでしょう。

 

そこで今回は、Lステップの将来性について解説をしていきます。併せて競合ツールに比べて、どのような強みがあるのかも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEの今後は明るいのか?

Lステップの将来性は「LINEの将来性」とリンクしています。

 

なぜなら、Lステップは、LINE公式アカウントに紐付けて導入するマーケティングツールだからです。よってLINEの将来性が明るければ、Lステップも安泰と定義づけることができます。

 

ではLINEの今後は明るいのでしょうか。そこでLINE社のデータや情報を用いて、将来性を読み解いていきます。

月間9,200万人が使うチャットツールに成長

LINEは世界230以上の国と地域で利用されるチャットツールに成長しています。日本の利用者は、月間は9,200万人以上で、日本の人口の約7割をカバーしている計算です。

参照:LINE Business Guide

 

日本国内においては、最も影響力のあるチャットツールであり、老若男女問わず利用されているのが特徴。日本国内のチャット市場はLINEを中心に回っており、今後も成長していくと予想されています。

LINEに興味を示す人が増えている

LINEはチャットツールだけでなく、情報収集や予約などの機能を活用する人も増えています。

 

 

LINEリサーチ(2022年7月実施)では、直近3ヶ月以内に、飲食/美容・理容系店舗のいずれかのサービスのアカウントやページを使って、予約やチャット (DM) ・店舗情報を調べるなど、具体的な行動を起こした人をベースに調査し、「よく行くお店のアカウントがあったら、友だち追加・フォローしたいサービス」として、57.8%が「LINE」と回答しています。

 

 

また2021年の調査では、LINE公式アカウントからメッセージを受け取って見るまでの体感値を集計。すぐ見るが約2割、3〜6時間以内で見るが過半数、その日のうちに見ると回答した人は約8割にものぼっています。

引用:LINE for Business

 

このようにLINEをアクティブに活用する人は多いといえるでしょう。

LINE公式アカウントは日々改善されている

LINE公式アカウントは日々、仕様変更や機能追加などが行われています。
LINE公式アカウントは日々改善されている

引用:LINE Official Account Manager

 

LINE社の公式ページを見ると、定期的に情報が更新されていることが分かります。(2022年12月26日時点)

 

こういった情報更新の多さは、アクティブなツールの証といえるでしょう。

チャットツールからインフラへ

LINEはチャットツールとしてリリースされましたが、現在は「インフラ」としての役割も果たし、「LINE Pay」「LINEショッピング」「LINEドクター」など、人々の生活に欠かせないツールになりました。

 

LINE社の成長戦略

LINEでは、「LINE」を入り口としてオンライン・オフラインを問わず、必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスにつながり、全てが完結する「スマートポータル」の実現を目指しています。

参照:LINE Business Guide

 

このように、LINEはあらゆる業態に拡大しており、今後もインフラになるビジネスを展開していくと予測されています。

Yahoo! JAPANと経営統合

2021年3月1日、LINEとヤフーを傘下に持つZホールディングスは経営統合し「新生Zホールディングス(ZHD)」を発足しました。お互いの強みを活かし、2023年度に売上高2兆円、営業利益2,250億円を目指しています。

 

またマイナポータル連携も強化し、行政手続きのオンライン申請もできるようになりました。このように、新サービスが続々と登場している背景もあるため、LINEの今後にも期待できそうです。

ビジネスを加速させるならLINE公式アカウントが必須

LINEの活用が増えている今、企業がやるべきことはLINE公式アカウントの運用です。LINE公式アカウントでは、メッセージ配信だけでなく、クーポンやショップカード、リッチメニュー、ステップ配信など、情報発信に欠かせない機能が充実しています。
ビジネスを加速させるならLINE公式アカウントが必須

引用:LINE for Business

 

そして、LINE公式アカウントを効率良く使いたいならLステップがおすすめです。

 

 

  1. 自動で配信できるシナリオ、リマインダ配信
  2. 細かい条件分けで配信できるセグメント配信
  3. 特定のグループが作成できるタグ機能
  4. 個人単位で計測・管理ができるスコアリング機能

 

このように、マーケティングに欠かせない機能が備わっています。

 

LINE公式アカウントでは、手が届かない部分を補ってくれるため、ビジネスを加速させたい人におすすめです。

Lステップの将来性はあるのか?

ここまでの解説で、LINEの将来性は明るいことが分かりました。Lステップにも良い影響があることは間違いないですが、Lステップ単体での将来性が気になる人もいると思います。

 

そこでLステップの将来性について、深ぼっていきましょう。

Lステップは累計導入社数「業界No.1」

Lステップは累計導入社数「業界No.1」

Lステップは、業界No.1のLINEオートメーションツールです。ECサイトや通販、セミナー講師、イベント、店舗運営など、多くの業種から支持されています。

 

成長が期待されているLINEと併せて導入すれば、さらなるマーケティング効果を期待できるでしょう。

メディアでも話題に

Lステップはメディアでも話題に

引用:

 

Lステップは、知名度の高いメディアにも取り上げられています。堀江貴文さんを筆頭に、幻冬舎の編集者で自身でもビジネスを手掛ける箕輪厚介さん、作家、俳優、お笑い、オンラインサロン運営でマルチに活躍する西野亮廣さんなど、多くの起業家・ビジネスマンから注目されているツールです。

 

 

またチョコレートプラネットを起用したCMも話題で、世間からの認知度も上がっています。このようにLINE公式アカウントを効率良く活用できるマーケティングツールとして、Lステップは注目を集めています。

Lステップ利用者からも好評

Lステップ利用者の声を集めてみました。リアルな評判を見ると、評価の高いツールということが分かります。

このように、大企業に負けない高度なマーケティングができることから、 少人数で働いている中小企業や個人事業主から絶大な支持を受けています。

Lステップも日々改善されている

LINE公式アカウントと同様に、Lステップも日々改善を行っています。

 

以下は、直近(11月)の更新情報を抜粋したものです。

  • 【仕様改善】カレンダー予約でCSVファイルのダウンロードが可能になりました
  • 【仕様改善】カレンダー予約の友だち(お客さま)名の検索機能を改善しました
  • 【新機能】カレンダー予約でプッシュ通知が出るようになりました
  • 【仕様改善】カレンダー予約 情報取得項目の入力タイプにプルダウンが追加されました
  • 【仕様改善】各種機能の一覧画面デザインを統一しました
  • 【仕様改善】カレンダー予約 予約一覧画面・シフト一覧画面の表示を柔軟に変更できるようになりました。

     

    このように、機能改善や新機能の追加も定期的に行われています。

     

    2022年だけでも多くの機能が追加され、より使いやすいツールに成長してきました。今後もお客様の声を取り入れ、機能の追加や改善が行われていくでしょう。

    LINEでビジネスを加速させるならLステップ

    この記事では、Lステップの将来性について解説してきました。LINE公式アカウントとLステップは、ビジネスをする上で欠かせないツールになりつつあります。

     

    月間9,200万人以上が利用するLINE公式アカウントにLステップを紐付ければ、情報発信をより効率化できるでしょう。

     

    事業の課題を解決したい方は、ぜひLステップの活用をご検討ください。