生徒とのコミュニケーションに効果絶大!柔術クラブでのLステップ活用法

大阪にあるグレイシー柔術クラブを経営されており、生徒さんとのコミュニケーションにLステップを活用いただいてるULTIMATE JIUJITSU CLUB(アルティメット柔術クラブ)様。

 

ご自身で設定をしていたものの、「もっと良くしたい」という想いから正規代理店へ依頼し、結果が早く出せたとのことです。

 

Lステップでよく使う機能や、柔術クラブでの活用方法、正規代理店へ依頼するメリットなどについてお話を伺いました。

UJC_チアゴさん正面
スクール運営をしている方などは、参考になる部分も多いかと思いますので、ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてくださいね。

自己紹介とLステップを導入したきっかけ

UJC_手あわせ

Q簡単に自己紹介をお願いします。

——ハタダ チアゴです。

——ハタダ 麻夕(マユ)です。

大阪の境にあるULTIMATE JIUJITSU CLUBというグレイシー柔術スクールを経営しています。

 

以前は8年ほど別のスクールで指導をしていましたが、今は独立して1年4ヶ月位です。

QLステップを導入したきっかけは何ですか?

生徒さんとのコミュニケーションを増やしたいと思ったのがきっかけです。

 

また、入会を迷っている人にもっと柔術の魅力を伝えたくて、何かツールを使ってコミュニケーションが取れないかなと考えていました。

 

そんな時にたまたまLステップを知る機会があって、柔術の魅力の発信と、より生徒さんのことを知るきっかけにできそうだと思い、導入を決めました。

Q数ある配信ツールがある中で、なぜLステップを選んで使っていただいているのでしょうか?

実は、最初は別のツールを使っていたんです。

 

僕がブラジルでマーケティングの勉強をしていた時に、オンラインの勉強も色々していました。

 

外国から色々学んで自分の教室に使おうと思っていたんですけど、外国ではまだメールでうまくいってるんですね。

 

——ブラジルで、Lステップと同じ感じのツールもあったのですが、それはメールで使えるツールでした。
日本では、ほぼLINEがメインになっていて、メールだと文化として合わないんですよね。

 

そこで、LINEを使ってメールと同じようにできるツールを探していた時に、Lステップ開発者の田窪さんにたまたま出会って、Lステップの存在を知りました。

 

実際に導入してみたら、前に使っていたツールよりも全然良くて(笑)

 

本当に偶然のきっかけですが、田窪社長と出会えて、Lステップを知ることができて良かったと感じています。

Q実際にLステップを導入されて、どういった変化がありましたか?

——皆さんそれぞれ自分の目標があるので、コミュニケーションを取ることによって、各個人の目標が分かり、その目標に沿ってサポートできるようになりました。

その結果、的確なサポートができるようになり、生徒さんとのコミュニケーションの改善になりました。

 

Lステップを導入してから、コミュニケーションが取りやすくなったと実感しています。

 

あとは、マーケティングにもすごく役立ちます。

 

例えば、柔術のことを全然知らない方や、まだ生徒さんになる前の方と繋がりやすくなりました。

Qチアゴ先生は、マーケティングの知見もお持ちなんですか?

そうですね。僕自身が5年前にブラジルに行って、柔術の黒帯になったのですが、練習しながらビジネスの勉強もしていたんです。

 

その中でマーケティングの勉強もしていました。

Lステップの魅力やオススメの機能

QULTIMATE JIUJITSU CLUBでLステップを導入してみて、改善できた部分はありますか?

柔術は格闘技なのですが、一般の人は格闘技をやりたいなと思っても、やっぱり「恐い」というイメージがあります。

 

実際、勇気を持って来てくれた人も「私にはちょっと無理かな」とか「向いてないんじゃないかな」と思う人がすごく多かったですね。

 

やっぱり元々そういったイメージがすごく大きいので、なかなか踏み出せない人がいます。

 

——柔術は色々なベネフィットやインフォメーションが多く、「普通の人でも楽しめますよ」というところを伝えたかったんです。

その中で、Lステップを使って少しずつ教育していくっていう部分では、僕たちが皆さんに正しいものを伝えていけるので、良くなったと感じている部分ですね。

 

——僕たちのミッションとしては、柔術が必要な人に柔術を紹介することです。

「柔術が必要な人」というのは、強くなりたいと思ってる人やダイエットがしたいと思ってる人です。

 

もともと強い人は、柔術しなくても普通に強いので(笑)

 

ただ強くなるだけじゃなくて、心も強くなりますし、普段のお仕事のモチベーションも上がります。

 

身体と心は連動してるので、身体を動かすと仕事もはかどると言ってもらえる人も多く、そういうところも本当に魅力的なので、今後も必要な人に柔術を伝えていきたいと思っています。

QLステップを導入して、一番良かったなと思うところはどこですか?

——一番は「使いやすい」と感じるところです。

以前は何人が入会してくれたかが把握しづらかったですし、お客さんの反応も分からなかった状態なので、顧客管理も難しかったです。

 

それがLステップを導入してからは、生徒さんのうち何人がアンケートに答えてくれたのか、何人が新しく入ってきたのか、などが分かるようになりました。

 

やっぱり教室で教えながら色々管理するのは、どうしても時間が取られてしまうんですよね。

 

それが今は時間に余裕を持って、プランを立てやすくなったので、良かったと思います。

Qオススメの機能やよく使っている機能などあれば教えてください。

——よく使っている機能は「リッチメニュー」ですね。

そこに色々なコンテンツを入れておけるので、既に生徒さんであれば、プラットフォームみたいな感じで使ってもらってます。

 

そこに行くと、必要な情報があるという感じで、インフォメーションをまとめている場所を作りました。

 

そこを充実させたことで良くなっていますね。

Q先生から見て、どんなお仕事や事業をされている方に、Lステップの導入は向いてると思いますか?

——僕たちと同じように、顧客とのコミュニケーションをしっかり取りたい業種の方には、とても良いと思います。

Lステップを使えばコミュニケーションが取りやすくなりますし、コミュニケーションが取れると仕事がしやすくなります。

 

僕たちは、教室の中で1人ひとりの生徒さんとコミュニケーションを取るので、レッスン以外のところのコミュニケーションも大切だからです。

正規代理店に依頼するメリット

Q正規代理店の方に依頼はされていますか?

はい、依頼しています。

Q正規代理店の方に設定してもらうのと、ご自身で設定するのは違いはありますか?

——そうですね、最初はシナリオ配信のところを自分でやってみたんですね。

結構、Lステップの操作方法動画などがたくさんあるので、色々参考にしながら設定してたんですけど、自分でもある程度できるようになってきたら、「もっと良くしたい」となってきたんです。

 

やっぱりシナリオの分岐など、コンサルタントの方は深いところまで、すごく系統立てて作ってもらえるので、設定が早いし、良いものを作ってくれたので助かりました。

 

Lステップの使い方を覚える時間を一気に省けたのも大きいですね。

 

僕たちもクラスを教えながら、経営もして、家族のこともやって、となるとやっぱり時間を作るのが難しいんですね。

 

最初から全部覚えるのは、本当に時間がかかります。

 

それなら、Lステップを全部分かっているプロの方にお願いしたほうが早いですし、 結果を出しやすいと思います。

 

自分自身で操作せず、すぐコンサルタントの方に依頼、となると変化が分かりにくいと思うんですけれども、僕たちは一度自分で使ってみたという経験があるので、すごく変化を感じています。

Q最後に、これからLステップを利用する方々に一言お願いします!

僕たちがLステップを導入してから、すごく色々な結果を出すことができましたし、コンサルタントの方にも依頼して、本当に役立っています。

 

コンサルタントの方は丁寧に教えてくれますし、結果が出る道を見せてくれます。

 

すごく良いツールだと実感しているので、ぜひ使ってみてください。

 

<今回インタビューさせていただいたULTIMATE JIUJITSU CLUBさんの情報はこちら↓↓↓>
ULTIMATE JIUJITSU CLUB<

まとめ

生徒さんとのコミュニケーションやインフォメーションを伝える場だったり、柔術が必要な人に柔術の素晴らしさを伝える場だったりと、幅広くLステップを活用されています。

 

Lステップの操作を覚えたり、結果を出したり、といった部分では、Lステップのプロである正規代理店に依頼することが近道ですね。

 

<Lステップ正規代理店一覧はこちら>

https://linestep.jp/lp/01/partner.html

 

今Lステップに申し込むと、以下4つの特典があります。

 

  1. Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
  2. 初級から上級まで操作をマスターする活用セミナーが何回でも参加無料
  3. リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
  4. 基本送信プラン初月無料