Lステップ構築やLステップ正規代理店講師の魅力とは

Lステップを構築することにより、魅力的な配信を生み出しているLステップ正規代理店の橋本嵐さん

 

橋本さんはLステップ構築や、Lステップ正規代理店を目指す方向けの講師をされています。

 

今回は、Lステップの魅力や活用事例についてお話いただきました。ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

Lステップ正規代理店の仕事内容とは

Q自己紹介をお願いします。

橋本嵐さん

株式会社RAYSの代表取締役の 橋本 嵐 と申します。

 

現在の主な仕事は2つあり、1つはLステップ構築設定と運用代行をしています。もう1つは、Lステップ構築で稼いだり、企業から請け負ったりしたい方々向けの講師をしています。

Q 橋本さんは元々Lステップの利用者ですか?

橋本嵐さん

はい。Lステップは2019年の末頃から使っています。

Q元々使われていたということですが、前職はどのようなお仕事をされていましたか?

橋本嵐さん

大きく分けて2つあります。

 

1つは、大学卒業後に楽天株式会社へ入社し、ネットショップ等のコンサルタントを4年半行い、各事業者さんの売り上げアップなどのサポートをやらせていただいていました。その後1年間は、見る範囲が広がり企画の事業部に移ります。その時はマーケティングをしていました。

 

もう1つは、その後独立し、個人的に商品の販売をしていました。その時は「Amazon」や「Yahoo!」、「楽天」を利用し裏方へ入って販売をしていたので、物販をクライアント様に教える機会となります。そのため、コンサルティングを並行して始め、集客やコンサルティングの販売にLステップを活用していました。

Q現在の橋本さんの事業内容や、Lステップで構築されたものをお聞かせください

橋本嵐さん

元々Web上での仕事を中心にしていたこともあり、担当する業種はオンライン系の事業」「 D2C系」「ネットショップが多いです。

 

あとは、情報発信されているインフルエンサーのコンテンツ販売や、コンサルを売られている方の担当もしています。

 

また、オフラインでも美容院や、最近ではホワイトニングサロンといったところからも徐々にお仕事をいただいています。

Q本当に多岐に渡って対応されていますね。やはり今このご時世ではあるので、Zoomでのやり取りが多くなってますか?

橋本嵐さん

そうですね。逆に会うことがほぼなくて、最初のお問い合わせから必ずZoomを使って面談させていただいています。契約回りも電子契約なので会うことはなく、そのまま実際の構築と運用開始までやらせていただくケースが多いです。

Lステップ正規代理店に依頼するお客様とは

Qさまざまな業種の方を対応されている橋本さんですが、どのようなお客様を主に対応されていますか?

橋本嵐さん

LINE公式アカウントは持っているけど、うまく使えていないという企業様からお問い合わせいただく事が多いですね。

Qそのようなお客様はどのようなことで悩まれており、どんな施策を行っていますか?

橋本嵐さん

店頭で「LINE公式アカウント始めました」みたいな広告やCMを見て、何となく「うちも商売やってるからLINE公式アカウントを始めなきゃな」とスタートされる事業者さんが多いです。

 

そんな方々が抱えている悩みは、

  • どうやって売上に結びつけるか
  • どうやってブランディングしていくべきか

 

など、具体的な運用イメージが湧いていない事業者様が多いなという印象です。

Qマーケティングや使い方という部分を橋本さんが実際にお手伝いしているんですね。

橋本嵐さん

主にサポートやコンサルティングさせていただく内容は、4工程に分けてあります。

 

まずはデータをしっかり貯めていきましょうという話をしています。うまくいってない事業者さんの多くが、とにかく闇雲にLINEの友だちを集めたり、とりあえず何か配信を送っておくことしかやれていません。

 

しかし、そうではなく集客する段階で運用のゴールから逆算して、必要なデータをしっかり取っていくことが大切と伝えています。

 

2つ目は、データを取るだけでは意味ないので、視覚化しましょうという話をしています。

 

その時にLステップで非常に助かっているのが、タグ付けや友だち情報欄を使ってスコアリングできる部分で、点数が高い人と低い人を整理することができます。

 

LINE公式アカウントでもクリック数や開封数はデータとしてわかりますが、Lステップでは

  • 誰がこの情報に興味あるのか
  • どのくらいの頻度で見ているのか
  • その人が誰なのか

 

という個人まで特定できます。そのため、データ確認をしっかり行い、

  • 購入につながりやすい人はどんな人なのか
  • どういう行動をLINE内でしているのか

 

を視覚化していきましょうと伝えています。

 

3つ目が分析のところですね。Lステップの機能だと、流入経路分析やクロス分析を活用しています。あとは独自に客層ごとにレベル分けして、それぞれの層に合ったアプローチを分析します。

 

4つ目として「分析したデータを次のアクションに役立てる」ための結果も分析します。より良くするために改善できるので、闇雲に運用するのではなく目的を持って設計して、そこから逆算してお客さんをしっかり細分化して最適なアプローチをしています。

Q本当に無駄な部分を削って、なおかつゴールも明確だと分かり、安心できますね。
ではそのお客様の悩みを解消することで、どのような変化がありましたか?

橋本嵐さん

クラウドファウンディングのアカウントを運用させていただいた時は、 開始10分足らずで目標金額の200%や、別のプロジェクトでは開丸24時間で目標金額の482%を達成しました。

 

なぜ達成できたかというと、しっかり開始前にお客様を温めることができていたからです。商品のローンチまでに接点を作ることを意識して運用すると、うまくいくパターンが多いです。

 

あとはD2C系の企業である程度規模が大きいショップさんだと、ショップ自体の集客力があるので、商品ページ等から友だちをどんどん増やせたり、購入者に対してQRコードが書かれた紙を同梱して購入者の友だちを集める施策をやったりします。

 

「どこから来たどんなお客さんなのか分からない」というお悩みを抱えているクライアント様は、母数で3,000~4,000人くらいの友だちがいました。ですが、普段の配信を見ている方は少ないのではないかという仮説をもとに運用してみたところ、見ている方は10%〜20%くらいしかいませんでした。

 

そのため、Lステップを導入した後に見ていない方に関しては配信を止め、しっかり普段から配信を見てくださる方だけにアプローチすることで、配信コストを34%くらい削減することができました。興味関心の高い方にアプローチできているので、費用対効果はかなり改善できました。

 

あとは、5万円以上の高単価商品がしっかり毎日売れるような自動化の仕組みが作れたり、LINEの友だちが5,000人以上いても売上が全く立っていないアカウントに設計部分から携わらせていただいて、毎月安定して200万円くらいは売上が立つようになったりもしました。

 

また、インフルエンサーさんのアカウントを担当した時に、Twitterから登録した人の購入率と、noteから登録した人の購入率の違いをクロス分析しました。すると、noteから来た人の方が2.2倍購入率が高いデータが取れていました。

 

それまではTwitterから直接LINEに登録を促していましたが、データ的には一旦noteを経由させた方がコンバージョンが改善したので、noteを紹介してしっかり見た上でそこから登録していただけると、売り上げが効率よく上げられました。

Qお客様の理解度や知識を育てる、温めると先程言ってましたが、しっかり温め切り信頼関係を構築した上で「あなたにとってこの商品はとてもいいですよ」という過程を作っているんですね。本来なら直接売ると買っていなかった人達が、過程を踏むと購入につながるのは素晴らしいですね。

橋本嵐さん

お客様との距離感を測り間違えると、本来は登録してもらえたのに実際はブロックされてしまったり、最悪の場合クレームに発展したりと、LINEは距離が近い分起こりうる問題もあると思います。

 

そこをしっかりお客様が「今自社に対してどの距離にいるか」を測って、それぞれの距離に応じたアプローチをすることで、効率よく売上を上げつつ、ファン化していくようになります。

Lステップ構築する内容とは

Lステップ構築事例
Q橋本さんが対応されたお客様はたくさんいらっしゃると思いますが、その中で反応の良かった施策や工夫は何ですか?

橋本嵐さん

購入までの行動を追って、そこから逆算して購入した人に共通する行動や、興味関心を分析していくことで、既に購入している方と同じような属性を集めたり、あるいは同じ行動を誘発していったりできます。

 

1週間くらいのシナリオ配信を作ったのですが、その時にタップ回数と購入の相関を取り、タップ回数が「5回以下」の方と「6回以上の方」では購入率が倍以上違ったんです。

 

やはり普段から配信を見てくださっている方は購入につながりやすいことが、なんとなく想像はできるのですが、分析することでしっかり裏付けが取れました。シナリオ配信も一度設置して終わりではなく、「5回以下」しかタップしていない方を「6回以上」タップさせるという内容を元に改善をして、その結果「6回以上」に引き上げられて改善しています。

 

Lステップ内で収集したデータを元に、Lステップの売り上げをさらに上げることが一番喜んでいただけます。

 

それ以外だと興味関心とかどんな方が来ているかという、非常に詳細なデータが取れます。なので、LINEの枠を超えてLPや商品ページの改善にも役立てられたり、訴求方法をLINE内でとれたデータに合わせて訴求軸を変えていくことで登録率も改善したり、LINE以外の部分に生かせるのもすごく喜ばれます。

Q多くの方は何を解決し、何を改善したらいいか分からないということで、それから深掘りし、細かい部分に対応していただけるんだなという安心感が芽生えました。


それでは橋本さんがLステップ正規代理店として得意なジャンルなどはありますか?

橋本嵐さん

D2CやEC通販周り、インフルエンサーさん、コーチコンサルティングの業種の方を得意としています。

Q橋本さんが実際にLステップ正規代理店として対応をされているお客様の中で、よく使われているLステップの機能にはどんなものがありますか?

橋本嵐さん

1つ目が一斉配信で、2つ目がシナリオ配信、3つ目が回答フォームです。この3つは必ずといっていい程活用させていただいてます。

Q橋本さんのようなLステップ正規代理店の方に入っていただくことによって、お客様にとってどのようなメリットが生まれますか?

橋本嵐さん

LINE運用の目的を達成するための、最短ルートが明確になる部分かなと思います。全体の設計や設定部分、データ収集していくところなど「最短ルートはこれですよ」と提示して、それを元に早期に求める成果を出すところが一番のメリットと考えています。

Q確かに共通してあるのは「早く成果を出したい」という課題や、売り上げをアップすることだと思うのでメリットとして大きいですよね。

これからLステップ正規代理店にお願いしていこうと思っている方達に向けて、一言お願いします。

橋本嵐さん

LINE運用で達成したいゴールに最短で到達するためには、経験豊富なプロからアドバイスをもらいながら進めていくのも大事だと思っています。

 

そういった意味ではLステップ正規代理店を活用していただきたいですし、またアドバイスを受けてもリソースがなくて困っている事業者さんもいると思います。その場合は弊社で運用の代行も行っていますので、社内だけではなくて他社のリソースも使いながらやっていただけたら、最短で求める成果を出せると考えております。

Lステップ正規代理店の仕事の魅力

Q橋本さんが正規代理店に入ろうと思ったきっかけはありますか?もしくはその時悩んでいたことをお聞かせください。

橋本嵐さん

以前からLINE公式アカウントやLステップは活用していましたが、独学だったので自分のやり方があっているのか、今後いろいろな企業さんやインフルエンサーさんの裏側に入って携わっていきたいと考えた時に、足りない部分があるのではないかという不安がありました。

 

そのため、一度網羅的に学んでしっかり資格を取得することで、自信を持って提案できるようになりたいと思い参加させていただきました。

Q正規代理店に入って橋本さん自身で何か変わったなと思うところはありますか?

橋本嵐さん

一番大きいのは 信頼していただける部分です。「Lステップ提供元のManeqlさんで認定してもらっている人間ですよ」というのを商談の中でお話しすることで、一定の質は担保されていると安心を抱いてもらえて、その後の会話がスムーズだと非常に感じています。

Q証明書的なものがあることで全然気持ちの部分も変わりますよね。実際にLステップを活用できるレベルに辿り着くまでの勉強時間は、どのように確保されていましたか?

橋本嵐さん

私は少し特殊かもしれないのですが、受講期間は最初から半分事業としてやっていたので、日中は事業の時間内でやりつつ、足りない部分に関しては、事業時間外の朝や夜に行いました。

 

小さい子どもがいるのですが、夕方いろいろやって21時くらいには遅くても落ち着くので、それ以降の時間に勉強や動画を見たり課題をやったりしています。

Q子育てを両立しながらの勉強はとても大変ですが、うまく管理できていたんですね。

橋本嵐さん

そうですね。リアルタイムの講義だけではなくて、動画のアーカイブや資料も提供いただけていました。自分の勉強できる時間をきちんと確保さえすれば、学習できる状況を整えていただけていたので、しっかり両立はできていたと思います。

Q家事と育児の両立をしながら学ばれていたと思いますが、実際にLステップの案件を獲得できたのは学び始めてどれくらいの時期からになりますか?

橋本嵐さん

学び始める前といいますか、ほぼ同時くらいで案件獲得をできていました。

 

案件獲得できた理由としては、今できるベストの提案をしていって、その中で後から学んだ知識を上乗せして改善するスタンスでやっていたからです。講義も最初の方からいろいろ実践的な知識を教えていただけるので、早いタイミングで案件を取ることは全然出来るだろうと思っていました。

Qただ学ぶだけではなくて案件に繋げるんだと思いながら学んでおかないと、やはりスピードは落ちるかなという感じですか?

橋本嵐さん

課題と思ってこなすのと、実際の案件に役立てるというのを念頭に置いて学習を進めるのは、全然成果が変わってくると思います。

 

受け取るだけではなく、しっかりアウトプットすることで自分で自由自在に扱えるようになったので、案件に役立てるといった意識が大事だと思います。

QLステップ正規代理店のお仕事の魅力や可能性を感じている部分はありますか?

橋本嵐さん

ありがたいことに比較的報酬は高く、相場的にも多くいただけているのかなというところですが、一番はお金には代えられないいろんなものが手に入るのが魅力と思っています。

 

Lステップ構築やコンサルタントをやることで、今後も長くお付き合いできる企業さんのつながりが持てたり、あるいはインフルエンサーさんと協業できたりします。個人レベルでは関わることのできなかった企業さんやインフルエンサーさんと何かできるのが、非常に魅力的かなと思っています。

 

まだまだ経験してないことも含めて、可能性しかないなと思っております。

QLステップだけができたらいいわけではなく、コンサルティング力やマーケティング力も一緒にレベルアップしていきますよね。例えば、Lステップを離れても「提案力」はずっと残り続けるし、今後の仕事にも活かせると思うときっかけとしてはすごくいいですよね。

橋本嵐さん

そうですね。本当に仰る通りで汎用性の効くスキルは、今後ビジネスマンとして活動していく上でずっと使えるものだと思っているので、いいきっかけや経験になると思っています。

QLステップ正規代理店のお仕事をしていて、橋本さんが楽しいと感じることはありますか?

橋本嵐さん

今まででは考えられないような、いろんな業種や業態の方と接点を持てることですね。

Q本来関わることがなかったであろう業種でいうと、どんな業種になりますか?

橋本嵐さん

自分はずっとWeb畑のオンライン上でいろいろやっていた人間だったので、実店舗を構えている企業さんや社長さんとの接点がなかったのですが、今ではLステップという一つのツールを通してお問い合わせをいただいて、実店舗のLステップ構築をしています。

 

ホワイトニングサロンさんや美容院等のサロンさんをやらせていただいて、Webとは違う部分や店舗ならではの悩みや改善アクションも学べることが多いです。

Q橋本さんの今後の活躍・展開などはありますか?

橋本嵐さん

Lステップの構築や正規代理店としての活動は、コロナ禍に入った時に集客や販売に困っている事業者さんに対し、自分の今までの経験を生かしてサポートできないかというのをもとにスタートしました。

 

今後も未曾有の災害は起こり得ると思うので、耐えれるように自分ができる価値提供をしていきたく、しっかり縁の下の力持ちになって取り組んでいきたいと思っています。

Lステップのおすすめポイント

QLステップのおすすめの機能や、よく活用されている機能がありましたら教えてもらえますか?

橋本嵐さん

一番は一斉配信です。しっかり収集したデータを元に、必要な方に必要な情報を届けて必要な商品を売るですとか、一番基本ですが一番成果に直結しやすいというのを重要視して活用させていただいてます。

 

ただ登録してもらっているだけだと、どんどん忘れられてしまうので、いかにLINEのトークルームを開いていただくかのきっかけになるのが配信だと思っています。

 

どんなに綺麗なリッチメニューやクリエイティブを用意していても、開かれずに忘れられてしまうと意味がないので、そういう意味でも配信を非常に重要視して活用しています。

Q Lステップ以外の配信ツールもたくさんありますが、その中でなぜLステップを選んで使っていただいているのでしょうか?

橋本嵐さん

一番の理由は使いやすいところです。使い始めの時は、LステップをLINEのAPIツールとして使い運用していきました。コストが安い他の競合さんのツールに乗り換えたこともあります。

 

他社さんのツールを使ってみた時に、Lステップにはあったけど他社さんのツールには無い機能が結構あったり、Lステップでは自動でできることが手動でやらないといけなかったり、そもそも機能がなかったり、そういう部分で使いづらいなと思うことがありました。

 

また、不具合が起きたという情報が他社さんのツールだと多いこともあるのですが、不具合がLステップではほとんどないので、その安定性はすごくありがたいなと思います。お客様と距離が近いので反応が取れる分、不具合が起きて一定時間止まってしまうのは、かなりリスクになってしまうと思います。

 

一個人の自分が適当にやっているものであればそんなに影響ないかもしれないですけど、企業様のアカウントの構築や、運用をさせていただくとなった時に、多少他社ツールの方が安いとしても、一定時間止まってしまうリスクは取れず、安定性は捨てらません。

 

安定性は最重要視したいと思っているので、そういう意味でもLステップを使わせていただいてます。金額面に関しても正直そんなに変わらないので、他のMAツールと比較する対象が広くなると、安価にLステップ自体使わせていただくことができてるのかなと思っています。いろいろ他のツールにも浮気しましたが、結局帰ってきました。

Qたくさんのインタビューにお答えいただきましてありがとうございます!最後にLステップ正規代理店になろうと考えている方たちに向けて、一言お願いします。

橋本嵐さん

やりがいのある仕事だなと感じております。クライアント様から感謝され、もっと貢献したいという気持ちが湧いてきます。

 

個人スポーツではないチームで動いて一緒に目標達成するところがすごく好きで、自分自身学生時代に野球やラグビー、アメフトとかいろんなチームスポーツをやってきました。

 

同じような経験や思いがある方や、誰かと一緒に何かを進めることが好きな方には、非常にLステップ正規代理店はおすすめになります。

 

一方で独学や我流でやると最善のアドバイスや最適解がお伝えできないのかなと思うので、コンサルティング経験がない方は一度しっかり学んで、その上で自信を持ってクライアント様に対応された方がいいと思います。

 

私も同じ立場ですが、一緒に頑張って情報交換しながらやっていけたらと思っております。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は Lステップ正規代理店の橋本さんにお話を伺いました。

 

多岐にわたる業種のコンサルティングを担当されている橋本さんの意見は大変参考になりますね。

 

Lステップ正規代理店お願いしてみたい方も、自分自身がLステップ正規代理店として働いてみたい方にも、この記事が参考になったのではないでしょうか。

 

Lステップについて理解を深めたい方はぜひ1度、Lステップ説明会にご参加ください。

 

なぜ今LINEを使うべきなのか?LINE公式アカウントとLステップの違いは何か?基本的なところから理解を深めていただけます。