回数券の購入率が20%アップ|整骨院のLステップ導入事例
考えている様子
  • LINEを導入したけど、活用方法がわからない
  • 友だち登録は増えてるけど、結果に繋がってない
  • メッセージの送り忘れが多い

 

このような悩みを抱える整骨院経営者の方は多いのではないでしょうか。

 

今回はUni-LABO-整体・ジム」を経営される篠丸達也さんに、Lステップを導入したきっかけや導入成果について伺いましたので、ぜひ参考にしてみてください。

自己紹介とLステップを導入したきっかけ

マイク
はじめに、簡単に自己紹介をお願いします。
篠丸達也さん

合同会社S Laboratoryという会社を経営している篠丸と申します。

3つの点
整骨院が2店舗と訪問鍼灸が1店舗ありまして、主に整骨院をやっている会社です。

 

マイク
Lステップを導入されたきっかけを教えていただけますか?
篠丸達也さん

導入のきっかけは主に2つあります。

3つの点
もともとLINE公式アカウントは運用していたのですが、新規の方が友だち登録はしてくれるものの、お問い合わせに繋がっていない状況がありました。
3つの点
アクションに繋がっていない方に、自動的にメッセージを送れるツールがほしいと思っていたのが1つです。
3つの点
もう1つは、弊社は回数券を販売しているのですが、回数券購入前の方に、知識や事例のご紹介をしたり、ご予約待ちの方に情報発信をしたりできればとも思っていました。
3つの点

施術者が諸々お伝えはしますが、施術中の時間では伝えきれない部分もあるので、補足できるツールがほしいと思っていて、Lステップの導入に至りました。

 

マイク
自動化がひとつのポイントだったんですね。
篠丸達也さん

そうですね。スタッフが多いと、スタッフによって対応がまちまちになってしまったり、「2回目のお客様には来る前にこういうLINEしましょう」と言っても、みんな施術があるので忘れてしまったりします。

3つの点
僕自身、送り忘れてしまうこともありました。施術が忙しい中で、それ以上の作業を求めるのも難しいので、やはり自動の方が良いと思います。
3つの点

予約の空き時間や事例紹介など、伝えたい情報が確実にお客様の元に届くので、導入してすごくよかったと思います。

Lステップの導入成果やよく活用されている機能

マイク
Lステップの導入成果をお聞かせいただけますか?
篠丸達也さん

まず送り忘れがなくなった分、反応が増えたと感じています。

3つの点
来られたお客様のお話を聞いていると、配信をみていただけていることがわかります。新規の方も登録だけで終わらずに、お問い合わせをいただける方が増えました。
3つの点

また、回数券の購入率は、Lステップ導入前は50%前後でしたが、導入後は70%前後で推移できるようになりました。約20%アップです。

3つの点

もちろんスタッフの成長や努力もありますが、Lステップの成果でもあると感じています。

 

マイク
20%アップはすごいですね!ちなみに、よく活用されている機能はありますか?
篠丸達也さん

タグですね。結構細かく設定していて、タグを元にした一斉配信を活用しています。

3つの点
あとリッチメニューは細かく改善をしています。割とリピーターの方になると、予約機能として使われるケースが多いので、予約をわかりやすくするなどですね。

 

マイク
予約はLステップに集約しているのですか?
篠丸達也さん

いえ、ホットペッパーも併用しています。

3つの点
ホットペッパーを使われている方は、そのままホットペッパーのサイトに飛ぶようにしていて、使い分けている状態です。

 

マイク
御社のLステップ構築は、正規代理店に依頼されていますか?
篠丸達也さん

最初設定の段階では相談に乗っていただいたのですが、その後は自分たちで手作りで運用しています。

 

マイク
ちなみに、どのようなご相談をされていたのでしょうか?
篠丸達也さん

まず社内でどのようなツールにしていきたいか意見の取りまとめをして、それをそのまま聞いていただいた感じです。

 

マイク
Lステップに関する勉強はどのようにされましたか?
篠丸達也さん

御社が開催するLステップのセミナーなどです。セミナーには今も積極的に参加するようにしています。

 

マイク
構築をしてみて、難しさを感じた部分はありましたか?
篠丸達也さん

自分たちの中でやりたいことが結構あって、最初は内容がすごく盛りだくさんになってしまいました。

3つの点
配信数が多かったり文章が長すぎたりして、逆にお客様が離れてしまうこともあって、中身を削る作業に結構苦労しました。

 

マイク

もし正規代理店に依頼していたら、違いはあったと思いますか?

篠丸達也さん

あっただろうと思います。

3つの点

自分でやると気持ちばかりが先行してしまうので、たくさん運用されている方に第三者の目線で、ここはいらないとか、逆にここが足りないとか、最適化してもらえると思うので、依頼した方が良かったのかなと思うところもあります。

Lステップの導入が向いている事業者の特徴

マイク
Lステップを利用されてみて、どのような方に向いているツールだと思いますか?
篠丸達也さん

私たちみたいに、来店型のビジネスをされている方には非常にいいと思います。

3つの点
整骨院でいうと、スタッフが多いところだけでなく、お1人で運営されてる方にも合うと思います。
3つの点

予約をLステップに集約できますし、予約に対しての返信を自動化できるのはかなり助かるはずです。

3つの点

次の方がお待ちのような忙しい状況では、メッセージに返信できなくても仕方ないとなりがちですが、「予約ありがとうございます。お待ちしてます」の1通が届かなかったせいで、ちょっと嫌な気分になられる方も中にはいらっしゃいますから。

3つの点

お1人で運営されてる方も、Lステップは重宝すると思います。

 

マイク
数多くの配信ツールの中から、Lステップを選んでいただいた理由をお聞かせください。
篠丸達也さん

単純にあまり他との比較をしていなかったです。

3つの点

あとは、1番知名度がある印象だったので安心感があったのと、サポートがしっかりされていたのが決め手でした。

3つの点

うちは運用をしてくれるスタッフが専任でいますので、その方にセミナーに出てもらって、新しい機能とかは確認してもらっています。

3つの点

ツール自体が進化していく中、僕たちが追いつかないのがちょっと心配でしたが、こまめに情報をくださるので助かっています。

 

マイク

最後にLステップの利用を検討されている方に、一言お願いします。

篠丸達也さん

人件費を削減できるといった経営面でのメリットもありますが、何よりお客様へのサービス対応やコミュニケーションに差が出ないのが1番のメリットです。

3つの点

しっかり活用できれば全てのお客様に必要な情報を届けられて、満足度が上がると思うのでおすすめです。

まとめ

今回は「Uni-LABO-整体・ジム」や「篠丸接骨院」を経営される篠丸達也さんに、Lステップを導入したきっかけや導入成果について伺いました。

 

整骨院や整体院で、Lステップが活用できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

考えている様子
  • Lステップにはどんな機能がある?
  • 自分の場合は具体的にどんな活用ができる?
  • プランは何で契約すればいい?

 

など、質問や相談がある方は、ぜひ1度「無料個別相談」をご活用ください。Lステップ認定サポーターが、1対1でお悩みに回答いたします。