【LINEチャットボットの活用事例】 思わず押してしまうプレゼントつきクイズの作り方

LINEをマーケティングに取り入れ始めたけれど

・なかなか友だちから反応が返ってこない・・・
・どんなメッセージを送ったらいいかわからない・・・

なんて悩みは、ありませんか?

 

 

日本ではほとんどの人が使っているLINEは上手に使えば
商品のアピールや購入率UP、リピート率UPにもつながりますが、その

アイデアを出すこと

に悩んでいるという声を多くいただいています。

 

Lステップもあくまでツールなので、アイデアがあってこそ、その真価を発揮します
せっかく導入しても、上手に使えなければもったいないですよね。

そこで、この記事ではLステップを使って、

登録してくれた友だちが思わずポチっと押してしまう
「プレゼントつきクイズの作り方」

具体的な設定画面まで含めて、ご紹介します。

<完成品はこちら>

 

友だちからの反応が高まるだけでなく、従量課金対策にも効果のある使い方なので
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

反応アップが見込めるコンテンツってどんなもの?

そもそも思わず押したくなる、そのLINE公式アカウントのトーク画面を開きたくなる配信とは
どんなものでしょうか?

ヒントは子どもたちも熱中する「ゲーム」にあります。

ゲームはどんな年代の人にも親しみがあり、今ではスマートフォン向けゲームが大人気です。
電車に乗っている時間など、無意識にスマホゲームをやってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

 

なぜなら、ゲームにはプレイヤー引きつけ、積極的に行動させるという要素が詰まっているからです。
これはマーケティングでいう、お客様にファンになってもらうのと一緒ですね。

 

実際にゲームの要素をゲーム以外の分野で活用する「ゲーミフィケーション」という考え方は
マーケティングの分野でも注目されています。

 

今回ご紹介する使い方は、そんな要素を取り入れたものです。

 

Lステップでできるプレゼントつきクイズ

ご紹介する方法は、友だちにクイズを答えてもらい
正解する毎に点数が加算され、ある一定の点数までいくとプレゼント
という設定方法です。

 

 

クイズは業界問わず使えるコンテンツで、難しい問題は必要なく
つい答えたくなるような問題が良いでしょう。

 

また、配信している内容を復習する理解度診断みたいな内容でも良いですし、
「こんな勘違いはありませんか?」と新しいコンテンツに誘導するような内容も良いですね。

 

性別・年代関係なく楽しめるクイズは、反応率アップにとても効果的です。

 

設定手順について

それでは、Lステップでの詳しい設定手順についてお伝えします。
今回は下記の内容で設定したいと思います。

・クイズキャンペーン期間は3日間
・一日一回だけクイズに回答できる
・正解すると1ポイント付与
・期間中に2ポイントためるとギフト券プレゼント

 

≪設定方法≫

①友だち情報欄にクイズ用のポイントを入力する欄を作成する
②正解・不正解のメッセージを作成する
③獲得ポイントのメッセージを作成する
④ギフト券メッセージを作成する
⑤2ポイント獲得した人へのギフト券用のメッセージを作成する
⑥2ポイント獲得しなかった人へのメッセージを作成する
⑦質問と答え、答えた時のアクションを作成する
⑧クイズ用のリッチメニューを作成する

 

 

 

順番に説明していきますね。

①友だち情報欄にクイズ用のポイントを入力する欄を作成する
Lステップの友だち情報欄管理から、友だち情報欄を作成します。
友だち情報欄は「1加算する」といった操作もできるので、その機能を利用します。

 

 

②正解・不正解のメッセージを作成する
テンプレートから、正解と不正解のメッセージを作成します。
今回は全ての問題で何度も使うので、テンプレートで作成します。
(手順③、④も同じです)

【正解メッセージ】

 

【不正解メッセージ】

 

 

③獲得ポイントのメッセージを作成する
今回は全部で3つ質問を送るので、お客様によってまだ0ポイントだったり、すでに1ポイント獲得していたり、といったパターンがあります。
ですので、すでに獲得しているポイントごとに返信するメッセージを作成します

 

 

 

④ギフト券メッセージを作成する

 

 

⑤2ポイント獲得した人へのギフト券用のメッセージを作成する
プレゼントを送る用のメッセージを作成します。
こちらは画像+テキスト+受け取るというボタンで送りたいので、カルーセルで作成しています。

<アクション設定>
お客様がボタンを押した時にプレゼントを送るメッセージは③で作成しましたので、そちらをボタンクリック時のアクション設定に設定します。

 

 

⑥2ポイント獲得しなかった人へのメッセージを作成する
ポイントが足りず特典を受け取れない人にもメッセージを作成し、次回のイベントにまた参加してもらえるようにフォローします。

 

 

⑦質問と答え、答えた時のアクションを作成する
ここからはクイズの作成です。
テンプレートからカルーセルで作成していきます。

<アクション設定>
正解、不正解の選択肢について、アクション設定をしていきます。
③のメッセージについては獲得しているポイントごとに配信メッセージの送信条件を設定することで、送り分けます。

正解の場合:
1. 友だち情報操作・・・①で作成した友だち情報欄を選択して、1ポイントを加算する
2. テンプレート・・・②で作成した「正解」テンプレートを選択する
3. テンプレート・・・③で作成した獲得ポイントのテンプレートを選択する(条件ON)

不正解の場合:
1. テンプレート・・・②で作成した「不正解」テンプレートを選択する
2. テンプレート・・・③で作成した獲得ポイントのテンプレートを選択する(条件ON)

<3. テンプレートの送信条件>
このポイントを獲得した段階で該当する人にメッセージを送りたい場合などに設定します。

 

 

⑧クイズ用のリッチメニューを作成する
今回はリッチメニューからクイズが始まるようにします。

 

 

これで設定が完了です。

 

<完成品はこちら>

 

 

他にも考えられる応用例は?

この設定を使ってクイズ以外に使える応用例を紹介します。

≪診断ゲーム≫
いくつかの診断用質問に回答してもらい、回答後は「あなたにピッタリの商品はこちら」や
診断結果とともにギフト券をプレゼントします。

「あなたにピッタリ」と言われると何となく気になってしまい、購入につながる可能性アップかも
しれませんね。

 

≪アンケート≫
アンケートに答えてくれた方にポイントをプレゼントし、獲得したポイントは商品購入時に
商品代金から割引します。
アンケートは自社が必要な情報を集めながら、購入率を高めるコンテンツとしてオススメですね。

友だちが今のポイントを確認したい場合はキーワード応答を使って、友だち情報を引用すると
現在のポイントが自動で送信されるので、こちらも併せて設定するのもオススメです。

 

ギフト券などは使用期限をつけて、早い来店を促したり
毎月開催し、月毎に使える種類を変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このようなコンテンツは友だちに楽しんでもらながら、反応率を高める、さらに来店のきっかけになったり
成約率アップにもつながります。

また、友だちから反応してもらえるメッセージなので、課金対象にはならずコスト削減にもなりますね。

友だちからの反応が悪いと感じてる方は試してみてください。

ぜひLステップの導入をご検討してみてはいかがでしょうか?

【初期費用なし・月額2980円~】
30日間は無料で使用が可能です!

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓
【Lステップ公式ページ】
https://linestep.jp/lp/01/

おすすめの記事