Lステップ(エルステップ)のセグメント配信とは?仕組みや効果的な使い方、活用事例を紹介

Lステップ(エルステップ)の機能のひとつにセグメント配信があります。

 

友だちを絞り込んでメッセージを配信できるため、Lステップ(エルステップ)に欠かせない機能となっています。

 

これからLステップ(エルステップ)の運用を考えている方は、セグメント配信について詳しく知りたい人も多いと思います。

 

キラキラした顔
セグメント配信を有効活用したい
疑問を抱えた顔
LINE公式アカウントのセグメント配信との違いは?
困った顔
どんな活用方法があるの?

 

このような疑問を抱えていませんか?

 

この記事では、Lステップ(エルステップ)のセグメント配信について詳しく解説します既に使っている方も、これから活用しようと考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

Lステップ(エルステップ)のセグメント配信とは?

まずはLステップやLINE公式アカウントのセグメント配信について解説します。

セグメント配信とは

セグメント配信とは友だちの属性や行動を分けて、興味のある人だけにメッセージ配信を行うことです。

 

一斉配信とセグメント配信の参考画像

 

興味関心のある人にだけに絞り込めるので、反応率アップを期待できます

 

例えば、女性向け化粧品のクーポンを配布したい場合、「30代女性」「化粧品の購入履歴あり」など、購入につながりそうな友だちのみに配信します。

 

その結果、成約率アップが期待できるだけでなく、ブロック率の低下や配信数の削減につながります。

LINE公式アカウントのセグメント配信

LINE公式アカウントのセグメント配信で絞り込める属性は以下の通りです。

 

  • 性別
  • 年代
  • 居住地(都道府県まで)
  • 利用しているOS(iOS、Androidなど)
  • 友だちになってからの期間

 

これらの属性は、LINE公式アカウントが独自で調査した「みなし属性」として分類されています。そのため属性が100%正確とはいえません。

 

簡単なセグメント配信なら問題ないのですが、より正確な配信を求める人にとっては心許ない部分があります。

 

なお、LINE公式アカウントで属性で絞り込むには、属性の対象となる友だちが100人以上必要です。

 

仮に友だちが300人いたとしても、「30代 × 女性 × 関東地方」で属性を絞り込んだ時に、対象となる友だちが90人だった場合はエラーになり、絞り込みができません。また、属性情報は3日前の属性情報を元に絞込みます。

 

従って、それなりに友だち数がいない段階では、機能させることができません。

Lステップのセグメント配信

Lステップのセグメント配信は、LINE公式アカウントよりも細かく、友だちが1人でも属性を絞り込め、配信が可能です。

 

また、「みなし属性」ではなく、友だちのアクションによって得たデータを分析し、より正確な配信を行えます。

 

年齢や性別はもちろんのこと、

  • Twitterから登録した人
  • 商品を購入した人
  • アンケートに答えた人
  • 動画を視聴した人

など細かい条件でセグメントができます。

 

例えば、美容院を経営している場合「シャンプーの購入履歴のある30代女性」に対して、クーポンを発行できます。これがLINE公式アカウントなら「30代女性」かつ「ターゲットリーチ数が100名以上いる場合」にしか配信できません。

 

届けたい友だちのみに配信できるため、ブロック率低下や反応率アップ、コスト削減が期待できます。

Lステップ(エルステップ)のセグメント配信のメリット

ハートやグッドを持った人たちのイラスト
Lステップのセグメント配信を活用するメリットを紹介します。

ブロック率の低下

Lステップでセグメント配信をすれば、ブロック率の低下につながります。

 

通常の配信だと興味のあるなしに関わらず、友だち全員にメッセージが配信されます。

 

しかし興味のない人にとって、そのメッセージは不要なものです。

 

例えば、男性向けのサプリメントのクーポンを配信する場合、女性にメッセージを送ると「このアカウントは男性向けだからブロックしよう」と思われるかもしれません。

 

逆に、Lステップのセグメント配信で「商品の購入履歴のある男性」に絞って配信すれば、ブロックされる確率も下がります。

配信数の削減

Lステップのセグメント配信を活用すれば配信数を削減できます。

 

LINE公式アカウントは重量課金制で、メッセージの配信数によって料金プランが上がります。

 

そのため、興味のある人だけに絞って配信するのがコスト削減への近道です。

 

Lステップでは友だちの行動を細かく分析し、属性を絞ってセグメント配信できます。

 

興味のある友だちだけに配信できるため、配信数を減らせるでしょう。

成約率の増加

セグメント配信は成約率の増加が期待できます。

 

なぜなら興味のある友だちだけに配信できるからです。

 

例えば、アンケートで「ダイエットに興味がある」と回答した人にダイエット商品のクーポンを配信すれば、購入までの導線がスムーズです。

 

逆に全員に配信すると成約率が下がるだけでなく、配信コストがかさみ、ブロック率も上がります。

 

特に商品やサービスの販売を目的としている人は、セグメント配信を活用してみてください。

セグメント配信を効果的に使うコツ

セグメント配信を効果的に使うコツを紹介します。

友だちを細かくタグ付けしておく

友だちを細かくタグ付けすることで、より絞り込んだ配信ができます。

 

タグ付けとは、友だちごとのデータを保存しておける機能です。

 

例えば、

  • SNSから登録した人
  • 商品を購入した人
  • 来店したことがある人
  • 4月生まれの人

など細かくタグ付けしておけば、セグメント配信をより効果的に行えます。

 

特に、友だち追加時にアンケートを取っておくと便利です。

 

Lステップの回答フォームを活用すれば、本名や住所、性別などの基本情報だけでなく、興味のあること、質問したいこと、困っていることなどをヒアリングできます。

 

またアンケートの回答は、Lステップが自動的に保存してくれます。このデータを活用し、より細かいセグメント配信を行いましょう。

機能を組み合わせる

Lステップにはさまざまな機能があり、それらを組み合わせて使うことによって、より便利に情報を取得し、セグメント配信に活かすことができます。

リプライメッセージ×タグ機能

自動返信などリプライメッセージで、友だちが選択した回答に自動でタグ付けができます。そのタグを元にセグメント配信が可能です。

 

セグメント配信例の画像

 

流入経路分析×タグ機能

友だちがどこで友だち登録をしたか、流入元によって分類し、タグ付けができます。

 

そのタグを使って、例えばYouTubeから友だち登録してくれた人は特典動画をプレゼントする、などメッセージの出し分けも可能です。

 

シナリオ配信×タグ機能

商品購入後のシナリオ配信で、反応してくれた人にだけタグ付けをすることができます。

 

例えば、「アンケートに回答する」と選択した人にだけタグ付けをして、アンケートを送信することが可能です。

 

アンケートの参考画面

友だちをスコアリングする

友だちをスコアリングすることで、セグメント配信の反応率アップを期待できます。

 

Lステップのスコアリング機能とは、リッチメニューやメッセージをタップされる毎に「+1」とスコアが加算される機能です。

 

例えば、全10回のメッセージ配信をするとします。

 

そこで全てのメッセージをタップしてくれた人は「+10」のスコア。逆に1回しかタップしていない人は「+1」のスコアしかありません。

 

このスコアリング機能を活用すると、例えば「+7以上のスコアがある人」にだけ限定して配信することも可能です。

 

興味や関心が強い友だちにだけ配信できるため、ブロック率の低下や配信コストの削減につながります

セグメント配信の活用事例

いくつかの吹き出し
セグメント配信を活用した業種別の事例をいくつかご紹介します。

コーチ・コンサル系

  • お客様の属性をアンケートや診断などで集めて、専用のシナリオを送ることで、セミナーの参加率を上げる

 

  • 商品を購入していない人だけに相談を促すメッセージを送り、購入者に引き上げる(売上を増やす)

美容・サロン系

  • お客様へ肌や身体の悩みを聞くアンケートをとってセグメントを分けて、悩みに合った商品の追加で案内をすることで購入単価を上げる

 

  • 前回来店時のメニューを記録しておいて、関連した新商品や割引メニューの案内をしてリピート率をアップさせる

塾・教室系

  • 生徒、もしくは保護者が希望する受講学科をアンケートで聞いてセグメントを分け、その科目に関するお知らせを配信して入塾率を上げる

 

  • わからなかった科目や分野をアンケートで聞いて、それに合った学習方法やセミナーの案内をすることで生徒の満足度や学習レベルを引き上げる

セグメント配信の方法

セグメント配信をするための情報を収集し、配信する方法をお伝えします。

セグメントを分けるための顧客情報を収集する

友だちの絞り込みをするために、顧客情報を取る必要があります。友だちの情報をとるためには、アンケートや流入経路分析などを使いましょう。

回答フォームを使う

回答フォームでのアンケートは、友だちの年齢や性別、商品の購入有無や興味関心度、現在のお悩みなど、とりたい情報を自由にとることができます。しかし、アンケートは友だちが回答しないと情報が保存できないので、回答率を上げるための工夫が必要です。

 

例えば、アンケート回答後にクーポンプレゼントなど、特典をつけることで回答率アップにつながります

 

リッチメニューを使う

リッチメニューを使ってアンケートを取ることも可能です。

 

リッチメニューはレイアウトの自由度が高く、目立たせることができるので、登録時のアンケート等に活用されることも多くあります。

 

リッチメニューの画面

 

友だちが選択した回答によって、次のリッチメニューの出し分けをしたり、メッセージを変えたりすることができます。

流入経路分析を使う

流入経路分析は、友だちがどこから友だち登録をしてくれたかを分析できる機能です。

 

例えばInstagramやTwitter、LPなど、それぞれに流入経路を設定しておくと、友だち登録をしてくれた時に、どこから流入してのかをLステップで計測することができます。

 

Instagramから友だち登録してくれた人だけにクーポンを配信したり、Twitterから友だち登録してくれた人だけに特別動画を配信したりすることができます。

顧客情報を元にセグメント配信をする

Lステップでセグメント配信する方法をお伝えします。

一斉配信

一斉配信からセグメント配信をする方法をお伝えします。

 

1. 左のメニューから「一斉配信」>「新規配信」をクリックします。

一斉配信の場所画面

 

2. 「送信先を指定」で「友だちを絞り込んで配信する」にチェックを入れ、縛り込みたい条件を指定します。

一斉配信の新規作成画面

 

絞り込み条件はタグや友だち情報、流入経路など細かく絞り込みが可能です。

 

配信先条件設定

 

3. 配信日時やメッセージを入力して、配信をすれば完了です。

シナリオ配信

シナリオ配信からセグメント配信をする方法をお伝えします。

 

1. 左のメニューから「シナリオ配信」>「新しいシナリオ」をクリックし、シナリオタイプを選択します。

シナリオ一覧の画面

 

2. 「対象の絞り込み」から絞り込みたい条件を設定します。

シナリオ編集の画面

 

3. 配信したいシナリオを登録したら完成です。

 

※シナリオは作成しただけでは配信されません。友だち追加時設定や友だち一括操作などでシナリオ配信開始の設定をしましょう。

まとめ

LINE公式アカウントのセグメント配信では、「みなし属性」の5つの分類しかできなく、属性の絞り込みにはターゲットリーチ数が100人以上必要です。

 

Lステップのセグメント配信では、ご自身のビジネスにあった条件で分類ができ、少人数からでもセグメント配信が可能です。

 

Lステップのセグメント配信をうまく活用することで、友だちが必要とする情報が的確に届き、ブロック率の低下や購入率アップ、配信数の削減など多くのメリットが見込めます。

 

ぜひ積極的にビジネスに活用していきましょう

 

今Lステップに申し込むと、以下4つの特典があります。

  1. Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
  2. 初級から上級まで操作をマスターする活用セミナーが何回でも参加無料
  3. リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
  4. 全プラン30日間無料

 

おすすめの記事