Lステップのクロス分析とは?メリットや設定方法をわかりやすく解説

Lステップの運用がある程度進むと、これまでの施策の効果検証や、新たな施策の検討や目標値の設定をする、分析・改善フェーズがやってきます。

 

そんな時にぜひ活用いただきたい機能が、クロス分析です。

 

今回はLステップのクロス分析とはどのような機能なのか、メリットや設定方法含め、まとめて解説します。

Lステップのクロス分析とは?

クロス分析※は名称の通り、分析機能です。※プロプラン以上で利用可能。

 

以下のように、2つ以上の項目を掛け合わせて分析ができます。

  • 流入経路×性別
  • 流入経路×CV
  • セミナー来場者×年代
  • 購入者×スコアリング

友だち情報、友だち登録日、タグなど、あらゆる項目の掛け合わせが可能です。

クロス分析を使う3つのメリット

クロス分析機能を使うメリットを解説します。

簡単に比較表が作れる

クロス分析を使うと、簡単に比較表を作れるのがひとつのメリットです。

 

例えば、SNSから友だち追加した人の性別を知りたい場合、クロス分析を使わず、友だちリストから詳細検索をするやり方でも調べられます。

 

しかし以下のように、それぞれ検索が必要です。また、比較するなら数字をエクセルなどにまとめる必要があります。

✅Instagram×男性

✅Instagram×女性

✅Twitter×男性

✅Twitter×女性

✅YouTube×男性

✅YouTube×女性

 

一方クロス分析を使うと、上記の手間なく数字を一覧で確認できます。
クロス分析機能

分析条件は保存しておけるので、次回以降はほんの数十秒で最新データの確認ができます。

 

集計や分析の時短ができる点も、クロス分析を使うメリットと言えます。

優先順位を決める判断材料になる

クロス分析が施策の優先順位を決める判断材料になるケースはよくあります。

 

以下のイメージは、縦軸が流入元のSNS、横軸は全体が各SNS経由で友だち追加した人の数、そしてその中で商品購入に至った人の数を表しています。
クロス分析機能

YouTubeからの友だち追加が最も少ない一方、購入者数は最も多く、購入率がダントツで高いことがわかります。

 

上記のようなデータがあれば、どこに注力するか意思決定がしやすくなりますよね。

 

YouTubeから追加してくれた友だちの属性(性別や年代)も調べてみると、より具体的なアプローチを検討できるかもしれません。

分析データをCSVでエクスポートできる

クロス分析機能でできるのは、条件に該当する数字を表示するまでです。

 

つまり、購入者の数は表示できても、購入率(%)まで表示することはできません。

 

また、表は自動で生成されますが、円グラフや棒グラフに変更するといったオプションはありません。

 

ただ、分析データはCSVファイルをエクスポートできるので、それをエクセルやスプレッドシートにインポートすれば、自由にアレンジ可能です。

クロス分析の設定方法

ここからは、クロス分析の設定方法を解説します。まずはクロス分析>新しいクロス分析の順に進みます。

クロス分析機能
クロス分析機能
①管理名は、ご自身が管理しやすい名称を設定してください。ユーザーからは見えません。

 

②評価軸(縦軸)は、以下4つから選択できます。

  • 友だち情報
  • タグ(個別選択)
  • タグ(フォルダ選択)
  • 友だち登録日

※タグ(個別選択)を選ぶと上図のように複数項目を選択できますが、友だち情報は1つしか選択できません。

 

③評価軸(横軸)では、イベント・カレンダー予約や流入経路、リッチメニューなど、幅広い項目が選択できます。

クロス分析機能

 

④評価軸をそれぞれ入力し、分析登録クリック後、分析を表示するをクリックすると、分析結果が表示されます。なお、同画面からCSVのエクスポートが可能です。

クロス分析機能

 

分析結果の表示内容を変更したい場合は、⑤オプションから表示設定の変更ができますので、調整してみてください。

クロス分析機能

クロス分析を活用するコツ

最後に、クロス分析機能を活用するコツを紹介します。

アンケートや流入経路で顧客データを集める

分析をするためには、顧客データが必要です。

 

アンケートで性別や年代、エリアなどの属性、興味関心を調査したり、流入経路分析を使って流入元を計測したり、情報収集が欠かせません。

 

おすすめは、あいさつメッセージと同時にアンケートを送付して、友だち追加直後に顧客データを収集する流れです。

 

なぜなら、友だち追加直後はユーザーのアカウントに対する関心が高く、回答をもらいやすいからです。

 

あいさつメッセージでアンケートに誘導する方法は、以下で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

CVを計測する

CVとはコンバージョンのことで、簡単にいうと成果を意味します。

 

何をCVとするかは自由で、資料請求や問い合わせがあったらCV、セミナー申し込みがあったらCV、商品の購入でCVなど、自社で自由に定義して問題ありません。

  • CV×性別
  • CV×年代
  • CV×流入経路

など、CVを軸とした分析は、最もよく使われる組み合わせのひとつです。

 

例えば資料請求をCVとするのであれば、リッチメニューに資料請求ボタンを設置し、ボタンをタップしたら「資料請求」のタグが付くよう設定しておけば、CVが計測できます。

 

またLステップでは、LステップからShopifyで作成したECサイトにいって決済した人や、PayPalで決済した人の特定が可能です。

 

決済済みをCVとしたい場合は、以下記事を参考に設定を行ってください。

 

タグや友だち情報を活用する

クロス分析を利用するには、タグや友だち情報の活用も欠かせません。

 

アンケートで情報収集ができていても、タグや友だち情報に反映されていなければ、分析には使えないからです。

 

アクションに応じてタグをつける・はずすといった設定を、漏れなく行いましょう。

 

スコアリングを活用する

スコアリングとは、属性や行動データで見込み客を点数化し、アプローチの重要度を可視化するための取り組みです。

 

Lステップにおけるスコアリングは、アクションに対して行われます。

  • メッセージ内のURLをタップしたら1点
  • リッチメニューをタップしたら1点
  • アンケートに回答したら1点


といった具合です。スコアリングも分析に活用できます。

  • スコアが高い人と低い人でCVに差はあるか
  • スコアが高い人に共通する特徴や傾向はあるか


スコアが高い人の方がCVも高ければ、スコアが高い人には特別オファーを出して、逆にスコアが低い人は配信を減らしてコスト削減をする、といった調整がしやすくなります。

 

まとめ

今回は、Lステップのクロス分析のメリットや設定方法を解説しました。

 

運用成果を上げるためには、分析が欠かせません。クロス分析機能は、効果検証や施策の優先順位決めに役立つので、ぜひ活用してみてください。

 

今Lステップに申し込むと、以下4つの特典があります。

    1. Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
    2. 初級から上級まで操作をマスターする活用セミナーが何回でも参加無料
    3. リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
    4. 基本送信プラン初月無料

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事