Lステップでテスト送信をする方法|リッチメニューの表示を確認する方法も解説

メッセージを配信する前やリッチメニューを公開する前に、テストで体裁を確認したいと考える方は多くいます。

 

内容に不備があると信頼が損なわれたり、再配信をすれば余計なコストがかかったりするため、事前の確認は徹底したいところです。

 

本記事では、Lステップでテスト送信をする方法に加え、リッチメニューの表示を確認する方法も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Lステップでテスト送信する方法

Lステップでテスト送信する方法を、以下の機能別に解説します。

 

  1. 個別返信
  2. シナリオ配信
  3. 一斉配信
  4. テンプレート

 

ひとつずつ操作方法をみていきましょう。

テスト送信対象に登録する

テスト送信をするには、テスト送信先となるアカウントが「テスト送信対象」に登録されている必要があります。以下の手順に沿って登録しましょう。

 

テスト送信

 

Lステップの管理画面>友だちリスト>テスト送信先となるアカウントを選択>名前の横にある設定ボタンをクリック>右側に表示される「追加」をクリックすれば、登録完了です。

 

なおテスト送信対象は、同様の手順で複数人追加できます。

個別返信

個別返信をテストする方法を解説します。

 

個別返信をテスト

 

友だちリストから個別返信をしたい友だち※のページに入り、①個別返信をクリック。

※テスト送信対象に設定したアカウントを選ぶ必要はありません。

 

テスト送信

 

②本文を入力。

③テスト送信をクリック。

 

テスト送信

 

④テスト送信先にチェックを入れ、テストをクリックすると、テスト送信が行われます。

シナリオ配信

シナリオ配信をテストする方法を解説します。

 

シナリオ配信

 

①シナリオ配信をクリック。

②テストしたいシナリオを選択。

 

シナリオ配信

 

③シナリオ配信は、一括テストと個別テストが選べます。

 

すべてのメッセージを確認したい場合は一括テスト、一部のメッセージを確認したい場合は、メッセージの横にあるテストボタンをクリックし、送信先を選びテストを実行します。

 

なお一括テストを行うと、シナリオに設定されているメッセージがまとめて届きます。配信タイミングを翌日や2日後に設定していても、テストでは反映されません。

一斉配信

次に、一斉配信をテストする方法を解説します。

 

一斉配信をテストする方法

 

①一斉配信をクリック。

②新規配信orテンプレート配信のどちらかを選択。


 

※新規配信の場合

一斉配信をテストする方法

 

③本文を入力。

④テスト送信をクリック。


 

※テンプレート配信の場合
一斉配信をテストする方法

 

③テンプレートにカーソルを合わせるとテストマークが表示されるので、マークをクリックし、送信先を選びテストを実行します。

テンプレート

最後に、テンプレートをテストする方法を解説します。

 

テンプレートをテストする方法

 

①テンプレートをクリック。

②操作をクリック。

③テスト送信をクリック。送信先を選び、テストを実行します。

テスト配信で確認したいこと

テスト配信で確認したいことを紹介します。

本文の体裁や不備の確認

テスト送信をしたら最初に、本文の体裁を確認しましょう。

 

ぱっと見で読みづらそうと思われてしまったり、重要な部分がわかりづらかったりすると、読み手はストレスを感じ、きちんと読まずにトーク画面を出てしまう可能性があります。

 

訴求力のある文章が書けたとしても、読んでもらえなければ意味がありません。

 

箇条書きや改行、装飾をするなどして、見た目にもこだわることをおすすめします。

 

テンプレートをテストする方法

また、誤字・脱字やURLのリンク切れなど、不備がないかも併せて確認しましょう。

カルーセルや回答フォームの見やすさ

カルーセルや回答フォームの見やすさチェックも重要です。

 

カルーセルは各パネル、タイトルは最大40文字、本文は最大60文字、選択肢は最大20文字まで入力できます。

 

ただ、選択肢は18文字程度で途切れてしまう場合があるのと、文字を詰めすぎると見づらくなってしまうので注意が必要です。

 

✅タイトル・本文・選択肢をすべて、最大まで入力したカルーセル↓

テンプレートをテストする方法

ボリュームが多くて読みづらい、と感じた方も多いのではないでしょうか。

 

読んでもらえなければ次のアクションにつながらないので、もう少しシンプルにまとめた方がいいかもしれません。

 

✅タイトル・本文・選択肢をシンプルにまとめたカルーセル↓

テンプレートをテストする方法

設定したアクションを確認する

見た目の確認が済んだら、設定したアクションがイメージ通り動作するかを確認しましょう。

 

例えばカルーセルの選択肢をタップしたら、タグが追加されるか?リッチメニューの表示が切り替わるか?など、一連の動作確認をします。

 

設定箇所が多くなればなるほど、設定ミスや漏れはあるものです。念入りにチェックしてみてください。

テスト送信をする際の注意点

テスト送信をする際の注意点を解説します。

テスト送信も通数にカウントされる

テスト送信も通数にカウントされます。

 

シナリオ配信はすべて通数にカウントされますので、例えば5つのシナリオを一括テストした場合、5通分が消費されます。※パックで作成したメッセージは、1通分のカウントです。

 

軽微な確認にも逐一テスト送信を使っていると、かなりの通数を消費してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

作成過程の確認はプレビューで行い、最終チェックだけテスト送信をするなど、なるべく少ない回数に抑えましょう。

シナリオ読了に紐づくアクションは作動しない

シナリオ配信のテストは、シナリオに設定されているメッセージの送信のみが対象です。

 

シナリオ読了に紐づくアクションは作動しません。

 

例えば、シナリオ配信後に「シナリオ終了」のタグが追加され、別のシナリオが流れるよう設定していても、テストではタグが追加されませんので、別のシナリオも流れません。

 

アクションまで含めた確認がしたい場合は、テストではなく、実際にシナリオをご自身宛に設定し、確認してみてください。

✔  実際にシナリオを流してテストを行う場合の注意点

1度配信し、読了になったシナリオは、購読記録をリセットしないと再配信できません。

 

ですので配信テストを複数回行う場合は、2回目以降の配信の前に、友だちページから購読記録のリセットを行ってください。

 

友だちページから購読記録のリセット

リッチメニューの表示を確認する方法

Lステップのリッチメニュー※の表示を確認する方法も解説します。
※Lステップのリッチメニューは、スタンダードプラン以上からご利用いただけます。

 

リッチメニューの表示を確認する方法

 

友だちリストから表示テストを行いたい友だちのページを開く>リッチメニュー横にある「変更」をクリック>テストしたいリッチメニューを選択。

 

選択した時点で該当の友だちのリッチメニューが変更されますので、スマホから確認してください。

まとめ

今回はLステップでテスト送信をする方法および、リッチメニューの表示を確認する方法を解説しました。

 

信頼を損ねたり再配信のコストをかけたりしないためにも、テストでしっかり内容を確認するよう心がけましょう。

 

設定のサポートや使い方のアドバイスを希望される方は、ご契約者様限定サポートの「スポットコンサル」をご活用ください。

 

Lステップの認定サポーターが個別にフォローいたします。