LINEで自動化するならLステップの活用がおすすめ

LINE公式アカウントを活用している人は、顧客管理や対応を効率化したいですよね。

運用コストを抑えたい
顧客対応を自動化したい
LINE公式アカウントをもっと便利に使いたい

この記事ではこういったお悩みに答えていきます。

 

結論からいうと、 LINE公式アカウントにLステップを紐付けて使うことで、より多くの業務を自動化できます。

 

そこで今回は、Lステップでどれだけ自動化ができるのか解説します。

LINE公式アカウントについて


LINE公式アカウントとは、企業や店舗、個人事業主の方がビジネスに活用するアカウントです。

 

登録してくれた友だちと個別にやり取りしたり、商品やサービスに誘導したりできます。

 

主な機能としては、

  • メッセージ配信:友だちに対してメッセージを配信できる
  • チャット:友だちになってくれた人と個別チャットできる
  • クーポン:クーポンの作成・配信ができる
  • ショップカード:店舗独自のスタンプカードを作成できる

LINE公式アカウントはビジネスにとって必須ツールであり、売上を伸ばすために活用する企業や個人も増えています。

Lステップとは?

Lステップとは、 LINE公式アカウントの機能を拡張したツールです。
LINE公式アカウントと紐付けて使うことで、さまざまな機能を拡張し、自動化できます。

  • 友だちの反応によって今読んでいるシナリオから新しいシナリオを自動で配信することが可能なシナリオ配信
  • 予約忘れ防止などのリマインド配信の自動化
  • 細かい絞り込みをして無料登録から商品販売が自動化できるセグメント配信
  • アンケートで答えてくれた回答が自動で友だち情報に反映できる回答フォーム
  • 友だちのアクションに連動して自動で切り替えができるリッチメニュー

など自動化に役立つ機能が備わっています。

 

LINE公式アカウントとLステップ、両方の契約が必要ですが、自動化して配信コストや運用コストの削減につながるため、長期的に考えれば活用する価値のあるツールといってもいいでしょう。

Lステップを活用するメリット

Lステップを導入すると、LINE公式アカウントをより強化できます。
そこでLステップを活用するメリットを紹介します。

運用コストの削減


Lステップを導入すると、運用コストの削減につながります。

 

なぜなら自動化が進めば、LINEを運用するスタッフの人件費を削減できるからです。スタッフの負担も軽減され、他の仕事に手が回るようになるでしょう。

配信コストの削減

Lステップではユーザーの行動を分析することが可能です。友だちがどのURLをクリックしたか、どのメッセージに反応したか、などを細かく分析できるのがメリットです。

 

例えば、友だちがURLやメッセージをタップした時にタグ付けができます。これにより、グループ分けをしたり、友だちの属性を絞ってセグメント配信ができるというわけです。

 

LINE公式アカウントが重量課金制になり、メッセージの配信数によって料金プランが変わるので、ターゲットを絞って配信したい方も多いでしょう。

 

Lステップを導入すれば、セグメント配信等で無駄な配信を抑え、配信コストの削減が期待できます。

Lステップで自動化できる機能を増やそう

LINE公式アカウントにも、ステップ配信や応答メッセージなど、便利な機能が備わっています。

 

そこにLステップの機能を追加すれば、さらにコスト削減や効率化につながるでしょう。そこで、Lステップの導入で自動化できる機能を紹介します。

ステップ配信

 

LINE公式アカウントには、決められたタイミングでメッセージを自動配信するステップ配信の機能があります。

 

便利な機能ですが、分岐はシナリオ開始時のみ、配信タイミングは最短でも1日間隔です。また配信時間は、友だち追加されてから1日後の10:00〜11:00の間に配信する、という1時間単位でしか設定ができません。

 

しかも配信数が多い場合、指定された時間にすべてのメッセージを配信できないことがあります。その場合、配信できなかったメッセージは次の日の同じ時間帯に配信されます。

 

もし狙った時間に配信するなら、LINE公式アカウントを手動で操作しなければなりません。

 

一方Lステップなら、あらかじめ作った複数のメッセージを、設定した日時で順番に自動配信してくれます。

 

さらに友だち登録直後や「登録翌日の12時15分に配信」「反応してくれた人にだけ次のメッセージを配信」といった細かい配信も可能です。

 

配信時間は、LINE公式アカウントが1時間単位なのに対し、Lステップは分単位で設定ができるのもメリットです。

リマインダ配信

 

リマインダ配信とは、ゴール日(予約当日、セミナー開始日など)を設定し、友だちにリマインドを行う機能です。

 

例えば、Zoomでオンラインセミナーを開催するとします。

  • 3日前:Zoomの使い方の動画を配信
  • 2日前:セミナーの内容を再告知
  • 1日前:当日の流れについて配信
  • 当日:指定の時間にZoomのリンクを配信

このように、リマインダ配信を自動化できます。

 

Lステップは、予約した友だち一人ひとりに合わせてリマインダ配信をしてくれるため、予約管理をスムーズにしたい方におすすめです。

テンプレート管理

 

テンプレート管理とは、友だちの個別対応やシナリオ配信、自動応答やリマインダ配信などで使用できるテンプレートを登録・管理できる機能です。

 

配信したい内容をあらかじめ登録しておけるので、配信にかかる人件費を削減できます。また配信する内容を変更する場合、テンプレートから変更すると、全ての文章に修正がかけられます。

 

いちいち手動で変更する必要がないため、LINE公式アカウントの運用が楽になるでしょう。

自動応答

 

自動応答とは、友だちから指定のキーワードを受け取った時に、自動で返信を行う機能です。

 

LINE公式アカウントにも自動応答機能はありますが、チャットモードをBot(自動応答)モードに切り替える必要があり、設定中は個別トークができません。

 

一方、Lステップなら自動応答と1対1の個別トークを同時に利用できます。
Lステップを活用することで、お客様対応の効率化ができるでしょう。

予約管理機能

 

Lステップには、予約管理を自動化できる予約管理機能が備わっています。LINE上で予約できるだけでなく、変更やキャンセルまで全て自動で対応してくれます。

 

LINE公式アカウントでも個別トークにて予約対応できますが、ひとりひとりに対応する時間がかかります。

 

予約の人数が少ないなら問題ありませんが、店舗やセミナーなど予約が多い業態では、Lステップの活用をおすすめします。

URLクリック測定

 

URLクリック測定とは、LINEで配信したURLのアクセスを測定して分析できる機能です。Lステップでは、配信したURLを誰がクリックしたか、クリックした人を特定できます。

 

例えば、アンケートで年齢や興味のあるものなど情報収集し、誰がどのURLをクリックしたかを測定。その結果、友だちの属性がわかるようになり、マーケティングに活かせます。

 

より詳しい分析をして売り上げアップに繋げたいなら、Lステップがおすすめです。
※URLクリック測定はスタンダードプラン以上で利用できます。

Lステップの活用事例

Lステップを活用しビジネスを加速させた事例を紹介します。

商品を自動で販売する流れを作った株式会社スキルハックス様

株式会社スキルハックス様では、タグ付けやアンケートを活用し、商品が自然と売れる仕組みを構築されています。

 

リスト数が多いため、タグで分類し反応率が悪い友だちには配信しないようにしたり、購入した人にタグ付してアンケートを送ったりと、配信コストの削減やマーケティングに役立てられています。

 

特にアンケートでは、友だちの属性が絞られるため、見込み客にリーチできるようになったそうです。友だちの数が多いほど、費用対効果を期待できるのがLステップの魅力です。

LINE配信を全て自動化したファスティングプログラム

ファスティングプログラムを販売する山岡 玲子様は、全て手動で行っていた配信を自動化し、業務量の削減に成功されています。

 

山岡様は5日間のファスティングプログラムを販売しており、準備期間や回復期間も含めて、1人あたり1日2回×2週間の配信を全て手動で行っていました。

 

その上、個人アカウントで30名に配信していた関係もあり、自分以外のスタッフはアカウントにログインできない状況だったそうです。

 

そこにLステップを導入したところ、メッセージのステップ配信を自動で行えるだけでなく、スタッフにログインしてもらい、修正ができるようになったそうです。

 

山岡様の契約しているプランはLINE社に5,000円、Lステップ側に22,000円ほど。「月額28,000円でこんなに働いてくれるスタッフはいない」とお褒めの言葉をいただいております。

まとめ

今回は、LINE公式アカウントをより強化し、自動化できる部分を増やしていくことができるLステップについて解説してきました。

 

Lステップを活用すれば、多くの業務を自動化でき運用コスト削減につながりますLINE公式アカウントの運用を効率化したい方は、ぜひLステップの活用をご検討ください。

 

Lステップの資料請求を希望される方は、下記の「Lステップについて詳しく知りたい方はこちら」の一番下から資料請求してみてください。

 

資料請求送信後、自動返信されたメール内から資料が取得できます。
また、今Lステップに申し込むと、3つの特典があります。

  • Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
  • リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
  • 全プラン30日間無料

ぜひLステップを活用して、自社のビジネスを加速させてくださいね。

 

おすすめの記事