Lステップ(エルステップ)の使い方は難しい?初心者がまずやるべきこと5つ

Lステップ(エルステップ)は、LINEマーケティングに欠かせないツールとして重宝されています。

 

これからLステップ(エルステップ)の運用を考えている方は、本当に使いこなせるのか不安ですよね。

 

悩んだ顔の男性
やり方や使い方が分からない
悩んだ顔の女性
アプリやツールの操作が苦手
悩んだ顔の男性
LINE公式アカウントとどう違うの?

 

このような疑問を抱えていませんか?

 

この記事では、Lステップ(エルステップ)の特徴や初心者がまずやるべきことを解説します。これからLステップ(エルステップ)の活用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Lステップ(エルステップ)とは

 

Lステップとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したツールです。

 

  • シナリオ(ステップ)配信
  • リマインダ配信
  • セグメント配信
  • プレミアムリッチメニュー

 

などLINE公式アカウントよりも、さらに踏み込んだ配信ができます。

 

マーケティング機能が充実しているので、売上アップに役立ちます。

 

また効率よく配信を行えるため、コスト削減したい人にもおすすめです。

 

Lステップ(エルステップ)とLINE公式アカウントの違い

LステップとLINE公式アカウントの違いが分からない人もいると思います。

 

そこで2つの違いを簡単にまとめてみました。

シナリオ(ステップ)配信

シナリオ配信のイメージ図

 

Lステップは、友だちの属性を絞ったシナリオ配信ができます。

 

シナリオ配信とは、あらかじめ登録しておいた複数のメッセージを、決められたタイミングと順番で配信する機能です。

 

LINE公式アカウントでもステップ配信はできますが、分岐はシナリオ開始時のみ、配信時間は最短でも1日間隔、配信時間は最短1時間の範囲でしか設定できません。

 

一方、Lステップなら、シナリオの途中で別のシナリオに分岐したり、A商品を購入した人のみに配信したりといった細かな分岐設定ができます

 

また、シナリオの途中でのリッチメニューの変更といったメッセージ以外の設定もシナリオに組み込めるのがLステップの特徴です。

 

効率良くメッセージ配信を行いたい人は、Lステップの導入がおすすめです。

 

セグメント配信

一斉配信とセグメント配信のイメージ図

 

セグメント配信とは、友だちの属性や行動を分けて、関心のある人だけにメッセージ配信することです。

 

LINE公式アカウントにもセグメント配信はありますが、絞り込める属性(性別、年代、地域、OSなど)が限られています。

 

しかもこれらの属性は、LINE公式アカウントが独自で調査した「みなし属性」です。簡単なセグメント配信なら問題ないのですが、より属性を絞り込んだ配信をしたい人には、心許ない部分があります。

 

一方、Lステップのセグメント配信は、LINE公式アカウントよりも細かく絞り込みができます

 

友だちのアクションを分析しておけば、

  • Twitterから友だち登録した人
  • 商品を2回購入した人
  • アンケートに回答した人

など細かい条件で配信できるのがメリットです。

 

配信したい友だちにのみメッセージを送れるため、ブロック率低下や反応率アップが期待できます。

 

ユーザー管理

ユーザーのホーム管理画面

 

Lステップでは、友だちを細かく管理できます。

 

LINE公式アカウントでは、性別や年代、地域、OSなどのみなし属性でしか判別できません。

 

また、複数人で管理するとなると、どの友だちに誰がどこまで対応をしたのか分からなくなります。

 

一方Lステップでは、以下のように細かく分類できます。

 

  • 対応ステータス
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • チャット履歴
  • イベント参加状況
  • 商品の購入履歴
  • お問い合わせ情報

など、このように友だちを細かく分類して、タグ付けしたり対応マークをつけたりできます。

 

対応マークを利用したり、メモを残したりすることで、複数人での管理もしやすくなり、対応ミスや引き継ぎミスが減ります。

プレミアムリッチメニュー

リッチメニューの参考画面

 

リッチメニューとは、LINEのトークルームの下部に表示される固定メニューです。
※友だちのボタン操作により表示させたり非表示にしたりすることができます。

 

LINE公式アカウントでもリッチメニューを設定できます。しかしテンプレートのレイアウトしか使用できず、自由にタップ領域を設定することはできません。

 

しかしLステップなら、レイアウトを自由自在に組み替えることができます

 

その他にも、

  • リッチメニューをタブ分けして表示できる
  • タップ領域の設定が最大20個まで指定できる
  • 友だち毎にリッチメニューを出し分けできる

など自由度の高いリッチメニューを設定できるのがメリットです。

 

より反応率の高いリッチメニューを利用したい人は、Lステップの導入をご検討ください。

 

予約管理機能

予約入力の参考画面

 

Lステップにはカレンダー予約イベント予約、2種類の予約管理機能があります。

 

カレンダー予約とは、カレンダーの空いている日付から日時指定の予約ができる機能です。

 

例えば、定休日や営業時間を設定した上で、空いている時間帯に予約を入れるようにできるので、継続して予約を受け付けたい店舗やオンライン窓口などで便利です。

 

イベント予約は、特定日に開催するイベントに対して予約を受け付ける機能です。

 

受付したい日時をあらかじめ指定し、その予約枠ごとに定員や場所、プランなどを設定することが可能で、受付人数の多いセミナーやイベントの予約に使えます。

 

LINE公式アカウントでも、チャットで予約対応できますが、個別に対応するのは手間がかかります。

 

Lステップの予約管理機能を使えば、LINE上で予約でき、変更やキャンセルも全て自動で対応できます

 

さらに予約の前日や数日前に

予約の前日になりました
3日後にお待ちしております

などリマインダ機能もあります。

 

これにより、予約忘れやキャンセル防止に役立ちます。

 

オペレーター機能

個別トークの画面

 

オペレーター機能とは、1対1の個別トークを管理できる機能です。

 

LINE公式アカウントを複数人で管理する場合、オペレーターがいると運用が容易です。

 

Lステップでは、オペレーター専門の人が管理画面にログインし、権限で許可された範囲の友だちとメッセージをやり取りできます。

 

指定の範囲に権限をかけられるため、オペレーターを外部から採用できるのがメリットです。

 

Lステップ初心者がまずやるべきこと5つ

Lステップ初心者がまずやるべきことを解説します。

マニュアルをみる

Lステップマニュアルの画面

 

Lステップの操作方法については詳しく解説されたマニュアルがあります。

 

まずはマニュアルに目を通し、Lステップの導入方法を理解してみましょう。分からない部分はキーワード検索もできます。

 

また、Lステップ管理画面のチャットにてサポート対応を行っておりますので、分からない部分は直接チャットで質問することも可能です。

友だちを集める

友だちが多いほど、Lステップをより効率的に使えます。

 

まだ友だち数が少ない人は、友だちを集めることから始めましょう。友だちを集めるには、SNSを使うのが一般的です。

 

SNS毎にユーザー層や特徴が異なるので、自分の商品やサービスに合わせて判断することが大切です。

 

  • YouTube:全世代にアプローチできる。ファン化すれば反応率も良い。
  • Twitter:20〜30代が多い。リアルタイムで拡散性が強い。
  • Instagram:10〜20代が多い。商品やサービスのターゲットを絞れる。
  • Facebook:20〜30代が多い。ビジネス系のユーザーをターゲットにすると良い。

 

このように、LINE公式アカウントのコンセプトに合わせて集客方法を考えてみてください。

 

メッセージ配信通数を揃える

Lステップ導入の際は、LステップとLINE公式アカウントの配信可能なメッセージ通数を揃えましょう。

 

メッセージ配信はLステップから送信され、同時にLINE公式アカウントの通数も減ります。

 

LINE公式アカウントの配信数がなくなると、Lステップから配信ができなくなるので、両方のメッセージ数を揃えて契約しなければなりません。

 

そこで月間の配信数をベースに、通数と合算料金をまとめてみました。

 

月間配信数〜1,000通

LINE公式アカウント フリープラン 0円
Lステップ スタートプラン 2,980円
合計 2,980円

 

月間配信数〜15,000通

LINE公式アカウント ライトプラン 5,500円
Lステップ スタンダードプラン 21,780円
合計 27,280円

 

月間配信数〜45,000通

LINE公式アカウント スタンダードプラン 16,500円
Lステップ プロプラン 32,780円
合計 49,280円

 

Lステップの料金プランは、LINE公式アカウントのメッセージ通数に合わせて設定されています。Lステップの契約の際は、ぜひご確認ください。

 

シナリオ配信を設定する

シナリオ配信は、Lステップのメイン機能のひとつです。

 

Lステップのシナリオ配信は、あらかじめ作成しておいた複数のメッセージを、指定したタイミングで順番に自動配信できます。

 

  • 配信の分岐
  • 配信時間を自由に設定
  • 配信に合わせてリッチメニューも自動変更

など自由にカスタマイズできるのがメリットです。

 

しかし初心者の人は、どんな風にシナリオを組めばいいのか分かりませんよね。

 

そこでシナリオ配信の基本的な流れの例をまとめてみました。

 

  1. ご挨拶・通知OFFの説明
  2. 自己紹介
  3. このLINEで伝えたいこと・お客さまアンケート
  4. なぜこのようなビジネスを行っているのか
  5. ノウハウの一部紹介(3つのポイント・5つのステップetc)
  6. サービスを受けることによって得られるもの
  7. サービスを利用した方の声・その効果
  8. スタッフ紹介
  9. 案内・申込み(セールス)
  10. お申込みいただけなかった方へのフォロー

 

このような流れでセールスすると、信頼感が高まり成約率アップにつながります。

 

タグ付けをする

Lステップにはタグ付け機能があります。タグとは、友だちごとに様々なラベルを付ける機能です。

 

例えば、

  • Twitterから登録した人
  • 商品の購入履歴がある人
  • 30代独身女性

など細かくタグ付けしておけば、より効果的な配信が行えます。

 

おすすめは友だち追加時にアンケートを取っておく方法です。

 

Lステップの回答フォームなら、本名や住所、性別だけでなく、興味のあること、質問したいこと、困っていることなどをヒアリングしておけます。

 

そして、この回答はLステップに自動保存されるので、タグ付けした人を一覧で抽出でき、ターゲットを絞った配信も可能です。

 

他にも、カルーセルで答えを選択した時や動画のURLをタップした時にタグが付くように設定ができるので、友だちの行動が分かり、一人ひとりに合ったメッセージを配信出来ます。

 

アンケート参考画面

 

これは売上増加やリピーター獲得に効果的です。

困った時はLステップ(エルステップ)サポートが手助け

Lステップで困った時は、Lステップサポートを活用しましょう。

スポットコンサル

スポットコンサルのトップ画面

 

Lステップをご契約された方は、認定サポーターによるスポットコンサルを無料で1回受けることができます。(1回60分)

 

  • 基本的な使い方や設定方法などが知りたい
  • 初期設定(LINE公式アカウントとLステップの連携)を教えてほしい
  • とりあえず導入してみたけど何から始めたらいいか分からない
  • 自社に合った、より反応率や成約率が上がるような活用方法を知りたい

など、LINE公式アカウント自体も初めて、という方でも安心して利用できます。

 

初期設定から運用コンサルまで幅広くご相談いただけるので、Lステップブログやマニュアルを見ても分からない時は、ぜひご活用ください。

 

2回目以降は、1回11,000円(税込)で利用できます。

無料活用セミナー

活用セミナーのトップ画面

 

Lステップを導入した方のみ何度でも無料で参加できる、とてもお得なセミナーです。

 

1つの講座は90分、ぜひこれだけは使いたい機能を10つの講座で基本から分かりやすくご案内しています。

 

推奨する受講順番はありますが、どの講座からでもご参加いただけて、ご自身のスマホでデモを行うなどで効果を実感できる内容です。

 

質疑応答の時間に分からない部分などを質問することが可能です。

チャットボット

Lステップのチャットポット画面

 

Lステップ管理画面の右下に表示される水色のチャットボットから、有人でのチャットを利用することが可能です。

 

※有人チャット対応時間:平日10:00~17:00(最終受付16:45)

 

テクニカルな質問にも素早く対応しているので、設定途中で分からなくなったり、設定できたけどうまく動作しなかったり、という時に気軽に質問できるので安心です。

その他

その他にLステップについての情報が確認できるものをご紹介します

YouTube Lステップ活用チャンネル

 

Lステップの公式YouTubeアカウントです。動画で分かりやすく解説されているので、初心者でも楽しくLステップを知ることができます。

 

今後、動画数も増えていきますので、YouTubeを良く見るかたはチャンネル登録させることをオススメします。

Lステップ公式Twitter

 

Lステップの公式Twitterです。日々、活用方法やアップグレードなどの情報が更新されるのでいち早く内容を知ることができます。

 

Lステップの基本的な知識から意外と知らない使い方まで、上級者の方でも知りたい情報が発信されていますので、Twitterをよく使う方はフォロー必須です。

LINEマーケティング&Lステップの教科書 Kindle版

Kindleで学べるLステップの教科書です。Lステップを利用したマーケティングについても情報がぎっしりと詰まっていますので、この一冊で満足できる内容です。

 

Kindleをよく利用される方はチェックしてみてください。

まとめ

Lステップの仕組みを理解するのは、そう難しいことではありません。

 

Lステップを活用すれば、効率的な配信が行えるだけでなく、ブロック率の低下や配信数の削減に役立ちます。

 

ぜひ本記事を参考に、Lステップの導入を検討してみてくださいね。

 

今Lステップに申し込むと、以下4つの特典があります。

  1. Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
  2. 初級から上級まで操作をマスターする活用セミナーが何回でも参加無料
  3. リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
  4. 全プラン30日間無料

 

おすすめの記事