LINEマーケティングとは?特徴やメリット、成功事例を紹介

LINEを活用したマーケティングが徐々に広まっています。メールよりもLINEが主流になりつつある今、「 LINEマーケティング」は大きな成果が見込まれるでしょう。

 

この記事では、LINEマーケティングの特徴やメリット・デメリット、成功事例を紹介します。 LINE公式アカウントをビジネスに活かしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEマーケティングとは?

LINEマーケティングの特徴やメリット・デメリット、成功事例

 LINEマーケティングとは、ビジネス用のLINE公式アカウントを活用し、集客や販促を行うことです。

 

LINEの友だちを増やして店舗の集客に活用したり、 LINEユーザーとコミュニケーションを取って商品・サービスの購入につなげたりと、幅広いマーケティングに利用できます。

 

 LINEマーケティングは、 LINE公式アカウントに実装されている機能を活用することで大きな成果を見込めます

 

そのため、多くの企業がLINE公式アカウントを導入し、メインのマーケティング手法として活用しています。

LINE公式アカウントがマーケティングに有利な理由

 LINE公式アカウントがマーケティングに有利な理由やメリットは以下の通りです。

  1. 利用者が多い
  2. メールより開封率が高い
  3. 多様な使い方ができる

 

それぞれについて解説していきます。

 利用者が多い

LINEは月間9,200万人が利用するSNSチャットツールに成長しています。

引用:LINE Business Guide

 

老若男女問わず利用率の高いツールで、多くの人にリーチできるのがメリット。若者だけでなく高齢者にもアプローチできるため、どんな商品やサービスとも相性が良いといえます。

 メールより開封率が高い

 LINE公式アカウントのメッセージは、一般的なメールよりも開封率が高いとされています。

 

以下の表は従来のメール配信システムとLINE公式アカウントを比較したものです。

LINE公式アカウント メール
到達率 100% 10~30%
配信内容の気づきやすさ 10分 5時間
開封率 60% 10~30%
クリック率 25% 5~10%
成約率 10% 1~10%
ステップシナリオ配信
細かなセグメント配信
ユーザー管理 ×
プッシュ通知
拡張性
スマホとの親和性 ×

自社調べ

 

またLINE公式アカウントからメッセージを受け取って見るまでの体感値は、「すぐ見る」が約2割「3〜6時間以内」が過半数「その日のうちに」は約8割という結果が出ています。

引用:LINE for Business LINE公式アカウント

 

よって、今までのメルマガ配信よりも、LINE公式アカウントからのメッセージの方が効果的なマーケティングが行えます。

 多様な使い方ができる

LINE公式アカウントは、多様な使い方ができるのがメリットです。

  • ショップカードやクーポンで店舗集客
  • LINE広告で友だち数を増やす
  • リッチメニューでコンテンツを充実


このように、業態に合わせてマーケティング手法を考えられるのがメリット。その他にも、さまざまな機能が充実しているため、マーケティングツールとして優秀といえるでしょう。

LINEマーケティングのデメリットはある?

LINEマーケティングをするなら、デメリットを理解した上で施策を考える必要があります。

 

そこでLINEマーケティングのデメリットや注意点を解説します。

 友だち追加してもらわないと配信できない

マーケティングに有利なLINE公式アカウントですが、LINEユーザーに友だち追加してもらわないとアプローチができません。よってLINE公式アカウントの運営初期は、思ったような効果を得られない可能性があります。

 

まずは友だちを増やすための集客施策を行いましょう。

  • 店舗で友だち追加特典を用意
  • 友だち追加広告の活用
  • SNSで発信

 

このように、友だちを増やしてからでないと、LINEマーケティングの効果は実感できませんので注意してください。

 

 アクションがないと個別チャットが送れない

LINE公式アカウントでは、友だち側からメッセージやスタンプなどのアクションがないと、個別チャットを送れません。また「誰が友だちか」を知るにもアクションがないと確認できない仕様です。

 

どんなに多くの友だちを集めても、メッセージを受信しなければチャット一覧に表示されず、個別チャットができません。そのため、友だちからメッセージなどを送ってもらえるようなアクションを考える必要があります。

 

 アカウント停止のリスク

LINE公式アカウントは、アカウント停止のリスクがあります。どんな発信媒体でもあることですが、十分に注意しておかなければ、積み上げた努力が水の泡となってしまいます。

 

LINE公式アカウントが停止される主な理由は以下の通りです。

  • ガイドラインの禁止事項での発信
  • アフィリエイト広告の掲載
  • 友だちからの通報

 

また停止になると、LINE公式アカウントは復活できません。あらかじめ利用規約ガイドラインを確認して、健全な運用を行いましょう。

 

マーケティングに活用できるLINEの機能

マーケティングに活用できるLINEの機能
マーケティングに活用できるLINE公式アカウントの機能を紹介します。

 あいさつメッセージ

あいさつメッセージとは、LINE公式アカウントが友だち追加、もしくはブロックを解除された時に、自動で送信される1通目のメッセージです。

 

あいさつメッセージは、LINEマーケティングにおいて重要な役割を果たします。

  • 最初に送信されるので読まれやすい
  • 複数の吹き出しで配信できる
  • 従量課金の通数対象外(無料)

 

あいさつメッセージは友だち追加された直後に配信されます。よって、ユーザーの興味関心が最も高い時に読んでもらえるのがメリット。魅力的なあいさつメッセージを配信して、マーケティングを有利に進めましょう。

 

 LINE広告

LINE広告とは、LINE上に広告を出稿できるプラットフォームです。純広告とは異なり、運用型の広告で出稿後に効果測定しながら、オーディエンスや入札価格、クリエイティブなどを調整します。

 

LINE広告のメリットは以下の通りです。

  • LINEユーザーへ広告を出稿できる
  • 精度の高いターゲティングができる
  • マーケティングの目的に合わせた配信ができる
  • 少額から出稿できる

 

LINE広告は、LINEユーザーの属性を絞って効果的な広告を配信できます。またLINE内のさまざまな場所に配信できるのもメリット。トークリストやLINE VOOMだけでなく、LINE NEWS、LINEマンガ、LINE BLOGなどにも出稿可能です。

 

 ショップカード

ショップカードとは、LINE上でポイントカードを発行・管理できる機能です。紙のポイントカードを発行する店舗もありますが、LINE公式アカウントのショップカードはスマホ上で気軽にポイントが貯められるため、双方にとってメリットは大きいでしょう。

 

ショップカードは、店舗でポイントを付与するQRコードを設置し、それを友だち追加しているお客様が読み取ると、ポイントが加算される仕組みです。例えば、「3ポイントで100円引きクーポン」「10ポイントで1,000円引きクーポン」を発行すれば、お客様のリピート率も上がっていくでしょう。

 

 クーポン

クーポンとは、LINE公式アカウントからクーポンを発行できる機能です。

 

作成したクーポンは、メッセージやLINE VOOM(旧:タイムライン)などで配信できます。例えば「友だち追加してくれた人にはデザートサービス」と宣伝し、友だち追加時にクーポンが配信される設定を行うことも可能です。

 

お客様はお得に商品を手に入れたい心理が働くため、友だち追加もしてくれやすいはずです。

 

リッチメニュー

リッチメニューとは、トーク画面下部に表示される固定メニューです。

 

Webサイトに誘導したり、クーポンを表示したりと、各項目ごとにアクションを設定できます。表示内容は自由に変更ができ、LINE公式アカウントの無料プラン(フリープラン)でも利用可能です。

 

リッチメニューのメリットは以下の通りです。

  • メッセージの通数を消費しない
  • タップしてもらえる可能性が高い

 

リッチメニューはメッセージ通数を消費しないため、コストをかけずにユーザーにアクションができます。また画面下部に表示されるため、タップしてもらえる可能性が高く、マーケティングを有利に進められるでしょう。

 

ステップ配信

ステップ配信とは、あらかじめ準備した複数のメッセージを、順番に自動で配信する機能です。

 

例えば、友だち追加時にあいさつメッセージを配信し、3日後に商品情報、6日後に商品のクーポンを配信するなど、ステップを踏みながらマーケティングを行えるのがメリット。

 

ステップ配信は、もともとメルマガで活用されてきた顧客教育のマーケティング手法ですので、効果にも定評があります。

 

LINEマーケティングの成功事例

LINEマーケティングの成功事例
LINEマーケティングの成功事例を紹介します。

CJ FOODS JAPAN

CJグループは、食品サービス、生命工学、エンターテイメント&メディア、物流の4大事業を中心に、世界40ヵ国に事業を展開する大企業です。

 

同社のグループ法人「CJ FOODS JAPAN」では、「美酢(ミチョ)」や「ダシダ」などの食品ブランドを展開しています。2021年からLINE広告やLINE公式アカウントを運用し、多くのユーザーにアプローチ。

 

出店するECモール別にLINE公式アカウントを開設し、友だち追加してくれたユーザーにはクーポンを配布しています。そして3日後にクーポンの使い忘れがないか確認するメッセージを「ステップ配信」で自動配信。

 

その結果、2つのアカウントで約36,000人の友だちを集めることに成功しています。

 

参照:LINE for Business 事例

有限会社味源

有限会社味源は、お菓子や麺類、健康食品などを製造販売するメーカーです。最近はECサイトにも注力し、楽天市場やYahoo!ショッピングなどで商品を販売しています。

 

2020年頃からECモールごとにLINE公式アカウントを導入。友だちに対して、セール前日の事前告知と当日午前のクーポン配信、当日午後のリマインド配信を行い、売上アップにつなげています。

 

またカードタイプメッセージを活用することで、リッチメッセージに比べてクリック率が2倍、メッセージ経由の売り上げが3倍にもアップしています。

 

参照:LINE for Business 事例

エンド商事株式会社

エンド商事株式会社は、大阪市内で7店舗の業務用スーパーを展開する会社です。

 

同社では来店促進のため2020年にLINE公式アカウントを開設。店内での告知やクーポン施策により、1年間で友だち数8,000人を超えるまでに成長しました。

 

これにより売上アップだけでなく、折込チラシなどのコスト削減に成功しています。

 

参照:LINE for Business 事例

マーケティングをさらに加速させるならLステップ

マーケティングをさらに加速させるならLステップ

Lステップとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したマーケティングツールです。

 

もしあなたがLINE公式アカウントのマーケティング戦略を考えているなら、Lステップを活用してみてはいかがでしょうか。

 

Lステップの代表的な機能をいくつか紹介します。

✅見込み客に合わせた細かいシナリオ配信
✅濃い見込み客を絞り込めるセグメント配信
✅友だちの情報を自動収集できる回答フォーム
✅友だちを分類して管理できるタグ機能

     

    上記は一例ですが、LINE公式アカウントよりも踏み込んだマーケティングを行えるのがメリットです。

     

    LINE公式アカウントを運用して、集客や売上アップを目指したい方はLステップの活用をご検討ください。

     

    まとめ

    今回はLINE公式アカウントのマーケティング戦略について解説してきました。

     

    LINE公式アカウントを活用すれば、マーケティングを有利に進めることができます。ぜひ本記事を参考に、LINE公式アカウントを開設してみてください。

     

     

    今Lステップに申し込むと、以下4つの特典があります。

     

    1. Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
    2. 初級から上級まで操作をマスターする活用セミナーが何回でも参加無料
    3. リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
    4. 基本送信プラン初月無料